思った通りの自分になれる!生活編

思った通りの自分になれる!生活編

皆さん、やりたい「理想の生活」があるかと思います。

「もっとしっかりしなきゃ・・・」

「もっとこういう風にしたいのに・・・」

 

今回は自分の生活を思い通りにする方法です!

 

『今の自分の生活って・・・?』

思い通りにカスタマイズする前に大切なのが「今」自分がどういう生活をしているのか正しく把握する必要があります。

紙とペンを用意しましょう。

そこに最低でも10個、治したい生活習慣を書き出しましょう!

たくさんある方はありったけ書いて頂いて構いません。

10個も無い!という方も頑張って無理矢理にでも5個は出してみましょう。

書けましたか?

 

書き終わったらその一つ一つに「何故」治したいと思ったのかを書き出してみましょう。

 

 

 

『治したいのは誰のため?』

「何故」の部分だけ、読み返してみて下さい。

ある法則があることに気づきませんか?

「自分」の感想、もしくは「他人」からどう思われるか、この2点で構成されているはずです。

 

例えば悪い箇所が「朝起きられない」だとすると

「朝ご飯が食べられない」や「たまにはゆっくりニュース見ながらコーヒー飲みたい」、が自分の感想。

「上司や友達に怒られる」や「親や恋人に迷惑かけてる」、が他人からどう思われるか。

 

「自分」の感想で「悪い」とされている部分。

これは比較的簡単に治せます。

朝ご飯はこれを食べるから○時に起きよう!、とか、見たいニュースは○時だからこれぐらいには起きなきゃ!とか強く意思を固めるだけでいいのです。

ですが生活習慣とは脳が管理しています。

 

前回の記事「思った通りの自分になれる!ダイエット編」でも明記した通り、生活習慣を変える為には脳に訴えかける必要があります。

なので、朝起きられない人は眠る前に声に出して「私は○時に起きてご飯を食べる!」と宣言することが必要です。

意外とコレ、起きられます(笑)

ポイントは起きてから「何を」するのかまで声に出すことです。

声に出すことで脳の次の行動リストに予約されるので二度寝することなく起きられるというわけです。

 

ですが問題なのは「他人」からどう思われるかという視点で「悪い」とされている部分。

これは、治りません!!

 

何故なら良きにつけ悪しきにつけ、人間の本能は主観で生きています。

「自分」が本当に心の底から治したいと強く思わない限り、治らないのではなく治せないのです。

 

 

 

『「貴方」は治したいのか』

治らないならもう一生このまま!?

いいえ、治らないなら治せるようにすればいいんです!

 

前述した通り、人間の本能は主観で生きていますので「誰か」のために生活習慣を変えることを脳は認めてはくれません。

何故なら脳は「貴方」を守るために存在しているので他人からどう思われようと知ったこっちゃないんです。心とも同期してませんしね。

ならばどうするのか。

治したい理由を「自分」の主観になるまで落とし込むのです!

 

例えば「上司に怒られる」から治したいの場合、「怒られて嫌な気持ちになりたくないから」。

これで主観に変わりましたが・・・せっかく落とし込むのですから楽しく治したいですよね?

ついつい治したい部分はマイナスに捉えがちですが治った場合のプラスの方向へ落とし込みましょうよ!

 

そうですね、「自分が寝坊常習犯だと決めつけている上司よりも早く会社へ着いて優雅にコーヒー飲む」とかどうでしょう?

最初はマグレだの何だのと言われるでしょうが毎日続けば本物になりますから、見返してやるつもりでやってみましょう!

朝早く会社に行くことが楽しくなるかもしれませんよ!

 

 

今回は例題が「朝起きられない」でしたが、どんな生活習慣も治せば「貴方」が得をする理由を付けることで格段に治りやすくなります。

自分の治したい部分を治して、楽しい毎日を作りあげましょう!

ライタープロフィール
佳月(かづき)
佳月(かづき)
ストレスや悩み事が極端に少ない人生を送るハイパーボジティバーな年齢性別不詳の生き物。

しかし波乱万丈な人生を生きてきた故のポジティブな思考を皆さんにお届けしたい。
⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:11月08日~11月15日

恋愛PRESSライター一覧