思った通りの自分になれる!ダイエット編

思った通りの自分になれる!ダイエット編

誰もが「なりたい自分」を持っていると思います。

今回はその「なりたい自分」になる方法をご紹介!

まずは女性の永遠の悩みであるダイエットから。

 

 

脳のメカニズム

 

人間の思考や行動の全てを司る「脳」。

実はこの脳は非常に「素直」なんです!

上手くいかないダイエット。

「なんて私は意志が弱いんだろう」

「ダイエット始めるといつも以上に食欲が増してしまう」

なんてこと、よく聞きますよね?実はこれ、脳のメカニズムが影響しています。

 

 

生活習慣=生きるために必要なこと!?

 

私たちの脳の最優先事項は「この身体の生命活動を持続させること」。

ですが脳自体にその能力はありません。

ではどうしているのか。

私達が普段よく摂取している食べ物を「この身体にはこれが必要!」と判断して指令を出しているんです。

普段から甘いもの食べている人がダイエットをするために急に食べなくなる。

そうすると脳は緊急事態だと判断して「何で甘いもの食べないの!?死んじゃうよ!食べて!!」と食欲を増すホルモンを分泌します。

結果、我慢が出来ずに甘いものを食べてしまいダイエットを諦める・・・といった負のスパイラルが繰り返されてしまうのです。

脳の恐ろしいところは普段食べているものが身体に良いのか悪いのか判別出来ないこと。そして心で思っていることが脳には反映されないことです。

例えば「ダイエット始めるからもう甘いもの食べないぞ!油物食べないぞ!」と心で固く決意したとしても、脳は今までの生活スタイルから「毎日やっている、摂取している=良いもの→毎日摂取しないとこの身体は死ぬ」と判断してしまうのです。

 

 

ダイエット成功させるためには?

 

「脳が食べろっていうならダイエットなんて無理じゃん!」

いいえ、そんな事ありません。

冒頭で書いた通り、脳は「素直」なんです。

なのでダイエットを成功させるためには脳に訴えかける必要があります。

急に食べなくなると脳が不安になって食欲増進ホルモンを出してしまうので、普段から少しずつ量を減らして「あともう一口」を食べないようにします。

そして「あー、お腹いっぱい!」と声に出して言いましょう!

脳は耳から入ってきた言葉を敏感に拾います。

貴方が「お腹いっぱい」だと言えば、脳は「え?そうなの?このくらいでお腹いっぱいになるの?じゃあそうしなきゃ!」と「あと一口」減らした量で満足するように身体をコントロールしてくれるのです。

心の中では「まだ食べたいな」とか「こんなの本当に効果があるのかな?」と思っていても構いません。

大事なのは腹八分目で【声】に出して「お腹いっぱい!」と宣言することにあります。

 

 

早い人だと始めて3日目くらいには「あれ?お腹いっぱいとまではいかないけど、確かにもう食べなくてもいいかも・・・」という感覚を感じるでしょう。

中にはついついあるだけ食べてしまう方もいらっしゃるでしょう。

そういった方にオススメなのは「これだけ食べよう!」といつも通りの量を選びます。

そこから「一品」減らしてみて下さい。

最初からダイエットを意識した食材選びをする必要はありません。

「お腹いっぱい!」と声に出して、理想の身体を手に入れましょう!

 

ライタープロフィール
佳月(かづき)
佳月(かづき)
ストレスや悩み事が極端に少ない人生を送るハイパーボジティバーな年齢性別不詳の生き物。

しかし波乱万丈な人生を生きてきた故のポジティブな思考を皆さんにお届けしたい。
⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:12月11日~12月18日

恋愛PRESSライター一覧