満月はリセットのタイミング。月の力を授かる手放しの作法

満月はリセットのタイミング。月の力を授かる手放しの作法

新月は始まり、満月は達成の時

新月は始まりの時。
新しい計画を立てる、何かをスタートさせるのにぴったりの時期。
反対に、満月は達成、完了の時期といわれており、新月に始めた事の完了、願い事の達成、エネルギーの開放ができる時です。

満月の日には、新月に願った事が叶ったか、できるようになった事はあるか?を確認するのにいいタイミングであり、月の満ち欠けと自分の現状を比べてみると面白い発見がある時です。
「達成した事なんて何にもない!」と思ったらどうして達成しなかったんだろうか?と思い返してみて下さい。
自分の目標や希望に対して努力できたか。
できなかったとしたら何が障害だったのか?
月に願うだけでは、思いは叶いません。
願って、それに対してどれだけアプローチできたかで結果は変わってきます。

 

 

満月の日は過去を手放す良いタイミング

満月には、自分が今まで手放せなかった感情や物などを解放するのに良いタイミングです。
満月が意味する「完了、達成」は、物事を終わらせる意味も持っています。
自分が手放したい事、捨てたい事を紙に書き出してみましょう。
書き出した紙は、保管せずに捨ててしまいましょう!細かく破って捨てるのがおすすめ。
その際は、自分の嫌な感情を一緒に捨てる様にイメージしましょう。

手放しができたら、次は「できる事に気付く」事が大切です。
これは、小さな事でいいので、なるべく多く書き出してみましょう。
すぐにできる簡単な事で、実行すると気持ちが良い事を沢山やってみましょう。

毎日必ず実行できる事をコツコツ積み重ねる事で、潜在意識に「成功体験」として蓄積されていきます。
その積み重ねが、あなたをポジティブにし、願いを叶えてくれるのです。

 

 

満月の日のおすすめの過ごし方

満月の日には、出産が多い、出血量が増えると言った噂を聞いた事がありませんか?
月の引力が強い時期なので、人間も月の影響を受けやすい時期が満月。
精神的に不安定になる人も多いので、少し注意が必要です。

衝動的になる、感情の爆発、暴力行為なども増える時期なので、大事な話し合いなどには向いていません。
イライラしても「満月だから仕方ない」と考えましょう。

そんな満月の日は、ゆっくり過ごすのがおすすめです!
ホルモンバランスも乱れやすい時なので、添加物を控えた身体に優しい食べ物を頂き、お酒も控えめにしておきましょう。
満月の日に沸いた感情は一時的なものが多いので、否定的な感情が起こっても流しておきましょう。
あまり気にしないで、ゆったりリラックスできると良いでしょう。

 

 

まとめ

満月の日は、一旦立ち止まって自分を見つめ直すのに適した日といえます。
「上手くいっていない事を見直し、いらないものを手放す。」
満月時には、あなたに不要な感情や物事をサッパリ捨てる事ができます。

月の力があなたを後押ししてくれるので、断ち切りたい事があるなら、満月の日に実行してみるのも良いかもしれませんね!

ライタープロフィール
hinata
hinata
大きい息子2人と3人暮らし。
逆境多目の人生を楽しみながら生きる40代。
小学生の頃からタロットを始めました。
ライター、和紙の花クリエイター、古民家レンタルスペース企画運営。
いろんな事をやりながら、料理ブログやエッセイを書いています。
「ま、いいか」と「大丈夫」を自分の言葉として、日常を生きる日々。
占いは、石井ゆかりさんとジョナサンケイナーさんが好きです。
⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:12月11日~12月18日

恋愛PRESSライター一覧