「これって浮気しているの?」彼女がいるのに女友達と2人きりで会う男性の思考パター ン5つ

「これって浮気しているの?」彼女がいるのに女友達と2人きりで会う男性の思考パター ン5つ

category 浮気

彼女がいるのに女友達と二人で会う彼。
隠さずに話をしてくれるのは良いけれど「友達」と言っても女性と2人で会うのは良い気分ではありません。
女性としては浮気を心配するので、疑われるようなことはしないでほしいですよね。

そもそも2人で会わなければいけない理由って何があるのでしょう?
彼女がいるのに、女友達と2人出会う彼は一体何を考えているのでしょうか?
男性の思考パターンについてお話します。

 

 

1. 男友達と同じ感覚

友達を大事にする純粋友情タイプの男性。
その寛容な人柄のために恋愛感情を持たない女友達がいることが多いです。

男女の友情と言っても、女性からは理解しにくいかもしれません。
このタイプの男性は、付き合いが長くお互いの良いところや悪いところを良く知っている女友達に対して、純粋に”男友達と同じ”感覚で関わっています。
男女の友情を信じる彼はある意味ロマンチストですね。

彼女へのプレゼント、女性が喜ぶお店やデートについて女性の立場からアドバイスをもらっていることが多いです。
彼女を喜ばせよう、サプライズさせようと情報を仕入れているので「浮気」と決めつけないほうが良いです。

 

 

2. 彼女に冷たくされて寂しい 

寂しくて女友達に慰めてもらっているケース。
彼女との関係がぎくしゃくしている。
ケンカして落ち込んでいる。
など彼女との関係がうまくいっていない時や彼女からの愛情が感じられなくて寂しい時、気持ちを紛らわせるた
め女友達と会うことがあります。

男性の方は彼女からの愛情を感じられていないので、女性のほうから愛情表現を増やしたほうが良いです。
一番わかりやすいのはスキンシップを増やすことです。
一緒にいる時間を増やし、スキンシップを通して愛情を表現すると効果があります。

 

 

3. 気分転換・刺激を求めて

彼女との関係にマンネリ化を感じ、刺激を求めているケース。
交際が長くなり関係が安定しているとデートがワンパターンになってしまいます。
毎回同じことの繰り返しが続くと、男性は”刺激”を求めることがあります。

浮気をしようと思っているわけではなく、”ちょっとドキドキしたい””刺激がほしい”そんな理由で女友達と会うことがあります。
彼女以外の女性と会うことで、彼女の魅力を再確認できるので、新鮮な気持ちを取り戻せるのです。

彼女との交際がマンネリになってくると、気分を変えたくて女友達から刺激を得ようとしています。
このケースも女友達に対して恋愛感情は全く持っておらず、あくまで”気分転換””単なる刺激”にとどまります。

 

 

4. 女友達の相談に乗っている

女友達の恋愛相談に乗っているケース。
気負わずに何でも話せる異性の友達は貴重です。
彼女がいる男性は女心をよく理解していることと、変な下心で女性に近づかない点から、安全な相談相手としてアドバイスを求められることが多いです。

ただ、ここで問題なのは男性のほうは”友達を思う友情”のつもりでも、相談を持ち掛けている女性のほうは友情ではなく”恋愛感情”を抱いている場合もあります。
さらに相談に乗っていうるちに二人の距離が近くなり、いい雰囲気になって関係を持ってしまうこともあります。

 

 

5. 女友達と関係がある・過去に関係があった

現在進行形で彼女と二股状態。
彼女には「友達」と言い訳していますが、彼の方も女友達に好意があり、友達以上の関係が続いている。
彼女にバレなければいいと思っている。

もう一つは、今は友達でも、過去に付き合ったり体の関係があり、それを引きずっているケース。
恋愛関係は一旦終了していますが、「友達」というカテゴリーで関係がつながっています。
お互いに相手のことをよくわかっているので、ちょっとしたきっかけがあるとよりが戻りやすい危ない関係です。

 

 

さいごに

彼女がいるのに女友達と2人きりで会う男性には、いろいろなパターンがあります。
純粋に女友達との友情を大事にしている場合は見守ってあげるほうが良いです。

でも、下心がある場合は、手遅れになる前に早めの対処をしたほうが良いですね。

ライタープロフィール
悠
悠 (ゆい)
三匹の猫と暮らすアラフォーのライター。無慈悲な猫様のしもべとして働きながら、大人の恋愛について日夜研究を重ねる日々。
”また恋をしたくなる”ようなときめく情報、”恋人との関係が盛り上がる”マンネリから抜け出しステップアップする”ワンランク上の恋愛テクニック”提供させていただきます!
⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:12月07日~12月14日

恋愛PRESSライター一覧