浮気のリスクについて大人の恋愛の専門家が徹底調査!

浮気のリスクについて大人の恋愛の専門家が徹底調査!

category 浮気

浮気のリスクは何? なぜ浮気してはいけないの?

浮気はいけないこと、と分かりつつも、つい浮気してしまう人が世の中には大勢います。

倫理上悪いことは知っているけれども、改めて浮気のリスクとは何なのか?

ここでは、大人の恋愛の専門家が浮気したことで生じるリスクについて解説します。

 

 

浮気することで起こりうる危険性

1.家庭が崩壊してしまう

もし自分に配偶者がいる場合、浮気のリスクは一気に高まります。

浮気がバレたら、配偶者に離婚を迫られても、NOとは言えません。

人によっては高額の慰謝料を支払う必要も出てくるでしょう。

 

また離婚したら子供と一緒に住めなくなることが大半。

それだけでなく「僕のお父さん(またはお母さん)は浮気した悪いやつ」と子供に嫌われてしまう可能性も出てきます。

 

家庭を大切にしたいならば浮気はしないほうが賢明です。

 

2.シングルマザーになる可能性が高くなる

もし既婚男性と付き合っている場合、妊娠するとシングルマザーになる可能性が一気に高まります。

というのも、子供ができたからといって、奥さんと離婚して再婚してくれる男性は少なく、ほとんどの男性は中絶を勧めます。

産むことを決断しても支援を拒んだり、最初の数カ月は養育費を払ってくれたけれども、その後は音沙汰がなくなるケースも多いです。

シングルマザーになりたくないならば、既婚男性と付き合うのはやめるようにしましょう。

 

3.婚期を逃す可能性が高まる

20代の後半から30代の前半といった結婚適齢期に不倫をしていると婚期を逃す可能性が高まります。

というのも「いつかは配偶者と別れて結婚する」といっても、本当に離婚して、再婚してくれる人はごくわずか。

ほとんどの人は、その場をつくろうためだけに、そのような言葉を吐いています。

 

自分が不倫をしている間、同世代の友達はどんどん幸せな結婚をして、気付いたら一人取り残されてしまうことも。

女性の場合、婚期を逃すと結婚へのハードルが一気に高まります。

新たなパートナーを得ることができなかったら、老後を一人ぼっちで過ごす危険性も上がります。

 

4.慰謝料の請求などで経済的に困窮する

不倫が原因で離婚に至った場合、請求されたら、不倫したパートナーや不倫相手は慰謝料を支払う必要があります。

一般的に慰謝料の相場は100万~300万円程度。

子供がいる場合は、さらに毎月養育費を請求されるケースも少なくありません。

お金が全てではありませんが、この経済的損失は大きいです。

せっかく稼いだお金を無駄にしないためにも、不倫は極力しないようにしましょう。

 

 

不倫の一番のリスクは信頼の喪失?

不倫のリスクについて調べてみました。

経済的にも精神的にもリスクの大きい不倫ですが、最も大きな損失は“信頼の失墜”かもしれません。

もし自分の不倫が原因で離婚したことが周囲に知れ渡ったら「あの人は不倫をする人なんだ」という目で見られてしまいます。

職場や地域の集まりでないがしろにされるかもしれませんし、不倫が原因で再婚できなくなる可能性もあります。

不倫を通じて運命の相手と出会えた人もいるので、全否定するつもりはありませんが、不倫のリスクが非常に高いことは肝に銘じておいてくださいね。

ライタープロフィール
ミウラ
ミウラ
「楽しく、明るい恋愛」をモットーに、記事を書いています。
食べて、遊んで、恋をして、を地でやってきた、花より団子系。
自称女子だが、女子と名乗る度に抵抗を覚えるのは、年齢のせいなのか、見た目のせいなのか…
好きなものはプードルの足、嫌いなものは甘いトマト。
⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:12月07日~12月14日

恋愛PRESSライター一覧