復縁!ひと夏の恋で終わってしまった貴女へ〜行きたくなるスポットとは?

復縁!ひと夏の恋で終わってしまった貴女へ〜行きたくなるスポットとは?

category love

夏の恋に、ワクワク、ドキドキ…期待に胸を膨らませ、

「今年の夏こそは!」と、意気込んだものの、

結局お別れ、何も無かった。

やはり、『ひと夏の恋』で終わってしまったか…という貴女に。

オススメの「ノスタルジックなスポット」をご紹介致します。

 

☆夏の終わりは「人恋しくなる」?!

毎年、夏の終わりになると、人恋しくなりませんか?

森山直太朗の『夏の終わり』の歌詞にもあるように、

「夏の終わりには ただ貴女に会いたくなるの

                いつかと同じ風吹き抜けるから」

 

夏が終わり、「ひと夏の恋」に終わってしまった…という貴女は、

ノスタルジックな気分に浸り

この夏の思い出、遠い過去を振り返ってみませんか?

自分にとって、大切な人は誰か。

自分にとって、大切な物は何か。

思い出す事で、次へのステップに繋がる

切っ掛けを見いだせるかも知れません。

そんな、貴女にオススメの

『ノスタルジックなスポット』をご紹介致します。

この景色を見ると、なんだかとても懐かしい気持ちになる…

という経験ありますよね!

 

人気の「ノスタルジックなスポット」ベスト5

◉第5位:島根県【石見畳ヶ浦】(いわみたたみがうら)

国の天然記念物に指定されている「石見畳ヶ浦」から、

水に反射する神秘的な夕日を眺めることができます。

石見畳ヶ浦は、畳を敷き詰めたように見える

千畳敷から名付けられたそうです。

この千畳敷は、およそ1600万年前の地層で、

貝殻やクジラの化石など、

めったに見れないものを見ることができます。

浜田市デジタルフォトコンテスト2017 グランプリ作品

タイトル『島根のウユニ塩湖ここにあり』/撮影:森 春奈さん

詳細はこちらをご覧下さい。

島根県【石見畳ヶ浦】(いわみたたみがうら)

www.kankou-hamada.org

 

 

◉第4位:新潟県【笹川流れ】

国の天然記念物に指定されていて、

日本百景に選ばれた海岸「笹川流れ」です。

村上市にある笹川流れは約11kmも続く海岸で、

オレンジ色に光る夕日が海に写ってとても綺麗と評判です。

日本海の荒波によって侵食された奇岩や怪石、

四季ごとで変化する景色もこれまた見応えがあります。

また、笹川流れでは、遊覧船が運航しています。

「笹流れ観光汽船」はカモメに出会え、

なんと!餌付けも体験出来るのです。

日によっては、夕日を海の上で見れるクルーズも運航しています。

是非、夕暮れクルーズを楽しんでみてくださいね!

 

詳細はこちらをご覧下さい。

新潟県【笹川流れ】

www.sasagawanagare.co.jp/

 

◉第3位:沖縄県【砂山ビーチ】

美しいビーチとしても有名ですが、

なんといっても天然岩のアーチから見る夕日が絶景!

アーチの中に沈む夕日と真っ白な砂浜のコントラストが、

とてもロマンティック。

宮古島には、いくつかの夕日スポットがありますが、島屈指の夕日絶景スポットです。

 

詳細はこちらをご覧下さい。

沖縄県【砂山ビーチ】

miyako-labo.com

 

◉第2位:秋田県【ゴジラ岩】

男鹿市は、秋田県の西側に位置する、

日本海に面した場所にあります。

日本海を望む景色がとても美しく、

入道崎や鵜ノ崎海岸といった海岸沿いの観光スポットが人気です。

そんな男鹿市の鹿半島の潮瀬崎海岸に、

なんと「ゴジラ岩」があるのです!

まるで本物のゴジラのように見える事から、

そう呼ばれるようになりました。

夕日がゴジラ岩の口に入るように

ベストショットを狙う方も多いようです。

 

詳細はこちらをご覧下さい。

秋田県【ゴジラ岩】

http://www.hot-Ishikawa.jp

 

◉第1位:香川県【父母ヶ浜】

香川県三豊市にあります。

約1kmの穏やかな海水浴場で、

毎年夏になると多くの方が集まっています。

最近では、日本のウユニ塩湖と呼ばれ、

フォトジェニックなスポットとして話題になりました。

水面が鏡のように空を映し出す絶景を撮影しに来る方も多く居ます。

三豊市の公式サイトによると、

絶景フォトを撮る際はカメラを低く、

地面スレスレの位置で構えるのがベスト、とのことです。

そして、被写体は潮溜まりの近くに立つのがポイント。

とても素敵な写真が撮れますよ!

 

詳細はこちらをご覧下さい。

香川県【父母ヶ浜】

tripnote.jp/kagawa/chichibugahama-beach

 

 

☆まとめ

夏の終わりになると何故か人恋しくなるのは、

貴女だけじゃないんです。

遠い遠い昔の懐かしい気持ちを思い出させる…

ノスタルジックな気分に浸りながら、

ひと夏の恋を振り返ってみませんか?

「あの人は今何をしているのかしら?」

「幸せだった、あの頃に戻りたい」

なんて、考えている時、相手も同じことを考えていた…という、

シンクロニシティが起きていることもあります。

懐かしかった、あの時、あの人…の事を思う瞬間…

それが、『あの人』に会うべきサインなのかもしれませんね!

来年こそは、ひと夏…ではなく、

「エンドレス 」でありますように…!

 

 

ライタープロフィール
美香奴
美香奴
趣味は筋トレ。美と健康のために、寝る暇を惜しむ?
恋愛は料理と同じで下準備が大事。その下準備の数々を、お教えします。
⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:09月15日~09月22日

恋愛PRESSライター一覧