これはソウルメイトじゃない!勘違いしやすいポイント5

これはソウルメイトじゃない!勘違いしやすいポイント5

 

☆貴女の相手は「アンソウルメイト」じゃないですか?

ソウルメイトとずっと信じて、付き合ってきた相手が、「ソウルメイトもどき」だったら、どうしますか?

ソウルメイトと信じていたばかりに、本当のソウルメイトを見逃してしまう可能性大!なのです。

 

ご縁には「良い縁」と「悪い縁」があります。

しかし、どちらもお互いを引き合わせる力があり、運命的な出会いと勘違いし、深い傷を負ってしまう事になりかねません。

お互いが全く違うからこそ、惹かれあってしまうというものです。

 

「何か違う…」と感じながらも「どうして、あの人を好きになってしまったのだろう?」と思うなら、もしかするとその人は「アンソウルメイト」なのかもしれません。

深みにハマる前に「アンソウルメイト」の特徴を知っておきましょう!

 

 

☆「アンソウルメイト」の言動

アンソウルメイト=ソウルメイトもどきは、最初は、優しいのが特徴になります。

初めは、甘い言葉をかけ、女性の熱量が男性の熱量を超えた時、「アンソウルメイト」は、本性を現します。

釣った魚に餌はやらない、という言葉通り、女性をただの都合のいい人、としか扱わなくなるのです。

好き、という気持ちが大きければ大きいほど、女性の方は利用されている事に気付きません。

好きだから許してしまう…そんな乙女心を利用するのが、上手いのです。

 

◉「アンソウルメイト」の特徴

・デートの時間を守らない

・夜中に呼び出される事が多い

・夢は語るが行動が伴わない

・大事な記念日を覚えてない

・プレゼントはくれない

・好き・愛してる、とは言うが将来的な話になると、はぐらかす

 

 

☆「魂」は共鳴してますか?

男性は本来、好きな女性の前では、カッコつけていたい生き物…この「カッコつけた」外見にとらわれて、本当の姿を見抜く事が出来ないことも考えられます。

 

彼の本性を見抜く為の方法として、相手の目を見て、確信に迫る話や、面倒な話をあえて、してみて下さい。

その時、相手の目が泳いでいたり、目をそらしたりする男は、要注意!です。

目は口ほどに物を言います。

見た目が好みでも、魂が共鳴しないと、ソウルメイトとして人生を歩むのは、難しいのです。

 

体の相性が良いだけ、というのも、ソウルメイトとして、相応しくありません。

冷静に相手を見る…当たり前のようですが、これがソウルメイトかどうか見分ける大切なポイントになります。

 

 

☆本物のソウルメイトとの違い

「ソウルメイトもどき」とも言える「アンソウルメイト」と「ソウルメイト」とは、真逆の存在で、本来貴女の魂の性質とは、全く合わない相手のことです。

 

相手が何を考えているのか全く分からなかったり、理解できない相手の行動が切っ掛けとなり、衝突したり…。

一方、本物のソウルメイトと貴女は感性が似ており、言葉を交わさなくても感覚で通じ合っています。

初対面なのに、すぐ打ち解けてしまう…etc

お互いの間で心地の良い時間が流れる、それが本物のソウルメイトと言えます。

 

 

☆まとめ

ソウルメイトと信じてお付き合いしていた相手が、「アンソウルメイト」であると気付いた時、「今までの時間はなんだったの?」「時間を返して!」と、貴女は思うでしょうか。

 

しかし、その時間は決して無駄にはなりません。

貴女が、良い人生を歩む為の大切な時間であり、本当に出会うべき相手に一歩近づくために必要な経験であり、全てが次へのステップに繋がっているのです。

むしろ、「アンソウルメイト」に出会うということは、ソウルメイトに巡り会う前兆と言っても良いでしょう。

 

その経験があってこそ、本物のソウルメイトに出会えた時の貴女は、間違いなく大きく成長し、「全てがソウルメイトに出逢うための経験だった」と思える日が来るでしょう。

 

アンソウルメイトとの関係で陥りやすいポイントをまとめると…

 

☆これはソウルメイトじゃない!ポイント5

➊外見が好みなので内面の嫌なところを我慢してしまう(心の目で見ることができない)

➋常に相手が自分を思ってくれているかが気になる(相手にふりまわされる)

➌相手に合わせ過ぎていることを以心伝心だと思い込む(言いたい事が言えてない)

➍自分を犠牲にすることが愛だと思っている(我慢が日常になっている)

➎知っている誰かと重ねていることを既視感と勘違いしてしまう(縁があると思い込む)

 

 

自分の経験で得た感覚を信じ、心の目で見る事を忘れないで下さい。

人生の正解は、貴女の中にだけあるのですよ!

 

 

⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:11月07日~11月14日

恋愛PRESSライター一覧