「良いケンカ」は二人の仲を深める

「良いケンカ」は二人の仲を深める

どんなに愛していても、どんなに仲が良い相手でも、

 

ケンカをすることありますよね。

 

ケンカには、二人の仲を引き裂くようなものもあれば、

 

二人の仲をより深めるものもあります。

 

お互いの心に溜まったモヤモヤとした泥を掻き出し

 

きれいに洗い流せば、二人の関係性は前より絆が深まる

 

状態になります。

 

但し、「二人の仲をより深める」ケンカで気を付ける

 

5つのポイントをご紹介します。

 

 

 

①人と比べないこと

 

「○○さんはこうしてくれるのにあなたは……」と、

 

他の誰かを引き合いに出さないこと。

 

文句の伝え方としては最悪です。そうではなくて

 

「私はこうして欲しいのだけど」と、あくまで

 

「自分の願望」として伝えないと、相手も

 

「俺は他人と比べられてるのか」とがっかりします。

 

②過去の話しを持ち出さないこと

 

今問題になっていることと関係ない話やもう終わったことを

 

蒸し返すのは、ケンカをヒートアップさせ、長引かせるだけ

 

です。今解決したいこと、今怒っていることに集中して

 

話し合わないと一生解決しない。

 

③ケンカを「勝ち負け」と考えないこと

 

ケンカは、勝負を決めるためにするものでありません。

 

「どっちが正しいか合戦」が始まればお互いに自分が

 

正しいと思っているし、ゆずらないに決まっている。

 

そうではなくて、その譲れない問題に、お互いにどう

 

落としどころをつけるか、本音を話し合うのがケンカの

 

意義です。勝負だと意識すると、人は勝ちたがる。

 

仲を深めるケンカはいつも引き分けで良いと思える

 

大人の心を持ちましょう。

 

 

④「別れる」と言わないこと

 

この言葉は、ケンカでは絶対に言ってはいけません。

 

カッとなった勢いで別れるとか離婚だとか、いきなり

 

シャッターを閉めるような発言をしない。

 

それは相手を深く傷つけることになるし、

 

「その選択肢もあるんだ…」と信頼関係を大きく崩すきっかけに

 

なります。彼との関係を続けていきたい気持ちがあるのなら

 

ケンカのときには絶対に言わないようにしましょう。

 

⑤どっちが謝るかにこだわらないこと

 

これもケンカが勝負だと思っていないからこそできること

 

ですが、「私から絶対謝らない」とかたくなにならないことです。

 

どんなに頭に血が上っていても、自分に非があるなと

 

と思うところがあれば、すかさず謝る。こうして

 

自分の間違いを認めれば、相手の心も同時にほぐすことができます。

 

「あ、そこは素直に認めてくれるんだ…なんかちょっと

 

言い過ぎたかな」 と思ってくれます。

 

そこから思いやりあふれる冷静な話し合いに発展することもあります。

 

 

◈まとめ◈

 

ケンカの一番良いパターンは、最初は頭に血が上って

 

言い合いになってしまっても、最後には思いやりを

 

持った話し合いにおさまること。

 

そして、お互いが納得できる落としどころを見つけて

 

解決すること。

 

結局、自分のなかに

 

「好きだからこそ、この本音を話してるし、解決したい

 

と考えている」という気持ちを持っていれば、仲を深める

 

良いケンカとなるはずです。

 

ケンカも、たくさんのエネルギーを使います。

 

でも、決して面倒がらずお互いの理解を深める大切な

 

通る道と思いましょうね。(^_^)

 

ライタープロフィール
サラスバティ
サラスバティ
龍神様のご加護を得て皆様の心によりそうサプリとなり、自分らしく生きる道をお伝えしたいです。

週間ランキング

集計期間:06月15日~06月22日

恋愛PRESSライター一覧