「色っぽ服」でリアルな出会いをプロデュース

「色っぽ服」でリアルな出会いをプロデュース

コロナ後、初めての夏がやってきます。

長い間、リアルな出会いが制限されていましたが、街へ、リゾートへ自由に繰り出せるようになった今、恋のチャンスも拡大!

そして、イベントごとが増え、気持ちが開放的になるシーズンでもあるのが夏。

男性を思わずドキッとさせる「色っぽ服」で、気になる彼の心や新しい出会いを手に入れませんか?

 

男性がドキッとするのは?

では、男性が思わずドキッとするファッションとはどんなものでしょうか?

男性の実際の声を参考にしながらあげてみました。

 

◎ほどよいフィット感

ボディラインが出る服は、想像をいやがおうでもかき立てます。

余程自信がある場合を除いて、あまりピチピチよりもなんとなくラインが出る方がむしろ効果的で、リブのTシャツ、デニムのタイトスカートなど、カジュアルな服でもOK。

トップ、ボトムのどちらかでも。

 

◎適度な肌見せ

デコルテや肩、二の腕など、ちらりと肌が見える服もまた、男性の視線を誘います。

ただし露出しすぎは厳禁。見えそうで見えないことによりそそられるので、やり過ぎず、あくまでも適度に肌を見せるのがポイントです。

 

◎透け感

セクシーさを演出する定番アイテムのシースルー素材やレース。

適度な肌見せと同様、なんとなく見えるというところに男性はそそられます。だからスケスケよりも、ほどよい透け感のあるブラウスやカットソーなどがお勧め。

 

◎ドレッシー

夏を満喫するようなサマードレスやふんわりしたスカートは、女性ならではのアイテムだけに、いいなと思われることも多いようです。

いつもカジュアルな服装の人なら、意外性も手伝ってドキッと効果もより拡大。

同様に、お祭りや花火の日なら浴衣もドキドキの定番です。

 

◎メンズライク

洗いざらしのTシャツとジーンズという飾り気のないスタイルや、メンズのアイテムをオーバーサイズで着こなすといったことで、むしろ女性らしさやセクシーさが感じられることも。

ただし、似合うこととファッションセンスが必要になるちょっと上級のテクです。

 

◎ビジネスチック

かっちりとしたスーツに眼鏡でプレゼンする姿、といったビジネスシーンで色っぽさを感じることもあります。

夏はワークスタイルも薄手になるので、そんな瞬間がより生まれそう。

さっと上着を脱いだらノースリーブ、といったギャップもドキッとさせる可能性大です。

 

ほどよさがポイント

以上のことからもわかるのは、セクシーに見せようとするばかりに、やり過ぎるのは逆効果ということ。

適度に、さり気なく、ほどよく、がいいということです。

あまり露出やスケスケが過ぎると、ドキッを通り越して、いやらしさを感じさせてしまいます(それがいいという意見も一部ありますが……)。

また、「身だしなみが整っていたり、清潔感があったりすることも重要」「ファッショナブルであれば多めの露出もアリでは?」といった意見もありました。

もちろん、アクセサリーや小物の使い方、髪型やメイクで全体のバランスをとることも大切。それ次第でドキッを演出することが可能です。

 

いざショッピングへ

ほどよいフィット感や露出、あるいは透け感でドキッとさせたり、女性らしさで魅せたり、逆にメンズライクな中にセクシーさを漂わせたり。またはビジネスシーンで……。

あなたはどの「色っぽ服」を選びますか?

しばらくおしゃれをする楽しさも忘れていたという人も多いのでは。

せっかくなら思い切り楽しみながら、自分の魅力を引き出せるファッションに出合えるといいですね。

ライタープロフィール
錦恋
錦恋
積み重ねてきた経験から、失敗もたくさんしながら、見えてきたことがあります。恋に、愛に、悩める皆さまの幸せを心より応援します。

週間ランキング

集計期間:02月27日~03月05日

恋愛PRESSライター一覧