【実録】ますます進む男性の草食化。実は優良物件ゲットのチャンス?

【実録】ますます進む男性の草食化。実は優良物件ゲットのチャンス?

一時ブームにもなった「草食男子」という言葉。

もはや死語になりつつあるのではともと思った昨今ですが、実態を見ると、その傾向はますます進んでいるようです。

 

A也:某大手企業勤務(30歳)

B香:中堅メーカ―勤務(31歳)

 

この2人の実話から、傾向と対策を考えてみたいと思います。

 

衝撃!温泉旅行で…

A也とB香は友人の友人として知り合い、付き合い出して半年ほど。

と言っても付き合い出して間もなく彼が転勤になり、遠距離恋愛になってしまいました。

そこへコロナ禍があってなかなか会えない状態が続き、デートできたのは数回、やり取りはSNSがほとんど。

というわけで(?)キスもまだでした。

(この時点でB香には〝どういうつもりで付き合ってるの?〟という思いあり)

そんなある日、A也が「温泉旅行に行こうよ」と提案。

「こ、これは!」と、B香の気持ちは一気に盛り上がりました。

そして準備万端で迎えた当日。道中ちょっとしたケンカはあったものの、宿に着き、温泉を堪能し、お酒も入っていいムードに。

ところが!「あー飲み過ぎた~!おやすみ」と、彼は爆睡。

〝え?え?何しに来たの???温泉に入ってゆっくりしに……じゃないでしょーーーー!〟

そしてあくる朝、「おはよ」と爽やかな笑顔で言われ、朝ごはんを食べ、帰途についたのでした。

 

背景にはネットや便利さが

この実話についてある男性(昭和生まれ)に「どう思う?」と聞いたところ、

「ええ!もったいない……」←?

「昭和生まれには考えられないよね。確かに、若い世代になればなるほど性欲が減退してきている、のはあるのかもしれない、と思う」

「でもそれ以前に、淋しさを感じない環境が大きいんじゃないかな」

ということでした。

見渡せば、コンビニでも、栄養バランスとかはさておき日々のお腹は満たせるし、料理は結構好き、苦にならないという男性も増えています。

そして何よりネットです。SNSでつながったり、ネットゲームをしたり。家に一人でいても淋しいと感じる時間がほとんどなくなっています。

もっと言えばアダルト系もネットで気軽に見られますから、性欲だって自己完結できちゃいます。

周りにも一人を満喫している仲間が結構いるから、疎外感も感じません。

つまり、彼女がいなくても、結婚しなくても、生きて行きやすい世の中になっているということです。

女性にとってもそうですが、男性にとってはそれがより強いはず。

あれこれ面倒なことを言われたくないし、お金も自分だけのために遣えるし、一人でいいじゃん!となってくるわけですね。

 

それでも彼と前に進みたいなら

そんな世の中だから仕方ないわ。と割り切れないあなた、それでも彼と前に進みたいというあなたは、どうしたらよいのでしょうか。

それはもう、自分から行動するしかありません。

ただしこうした男性は「面倒」を嫌うので、通常なら恋愛に有効なはずの駆け引きをすることが、逆効果になりがちです。

素直な思いをストレートに表現し、「好き」「一緒にいたい」「触れ合いたい」といったメッセージを伝えてみましょう。

また、彼の性格次第では、女性の方がテキパキと物事を進めていくほうがうまくいき、その場合は「ああ、楽だ」と感じさせることがポイントに。

ここは!という瞬間は自分からいくのもアリですよ。

 

草食クンは優良物件

とうとうここまで来たんですね。と、嘆かわしい男性の草食化。

でも、悪いことばかりではありません。

草食系の男性は強い力でひっぱられれば従う(流される?)傾向が強いので、女性がリードしやすい相手とも言えます。

そして、将来イクメンになる可能性が大きく、浮気の可能性は低い。結婚に関しては “優良物件”であるとも言えるのです。

脈ナシと諦める前に、一押ししてみる価値があるのでは。

ライタープロフィール
錦恋
錦恋
積み重ねてきた経験から、失敗もたくさんしながら、見えてきたことがあります。恋に、愛に、悩める皆さまの幸せを心より応援します。

週間ランキング

集計期間:11月16日~11月23日

恋愛PRESSライター一覧