つい、不倫してしまう人の特徴(前編) ~本当は、普通の恋をしたいだけなのに~

つい、不倫してしまう人の特徴(前編) ~本当は、普通の恋をしたいだけなのに~

素敵だなと思った男性と仲良くなれて恋の予感がしていたら、彼が結婚していることを知った。

あなたは、こういう経験をお持ちですか?
結構いるのではないかと思います。

「素敵だなぁ~。」この時点でやめることができて、不倫にならなかった方も多いのではないでしょうか?

そもそも既婚男性に何故、惹かれるのでしょうか?

独身男性には無くて既婚男性にある魅力。それは“落ち着き”です。
これは、帰る場所(家庭)があるからこその“落ち着き”です。

この“落ち着き”のある男性には、どのような魅力があるのでしょうか?
また、既婚者だと知ったことで男性に魅力を感じてしまうこともあります。
それをまとめてみました。





 

1.色気

 

帰る場所がある“落ち着き”は、“男性の色気”を自然に醸し出します。
そして、ひとりの女性(妻)との関係が続いていることで、女性の扱いに慣れているてスマートです。そのしぐさや態度にも色気があります。さらに肉体を鍛えていたりファッションセンスが良かったら、オトナの男性の色気になり、魅力的になっていることでしょう。

それに加えて既婚者だとわかったことで、あなたの独占欲に火が付き益々色気を感じてしまうこともあるでしょう。

また、妻に虐げられていることを連想させるヨレタ服装の男性でも哀愁的な色気を感じることもあります。これは、母性本能がくすぐられ男性に哀愁的色気を感じるケースです。こういうケースでは、独身男性の場合には魅力を感じないのですが、既婚者では魅力と感じてしまうから不思議ですよね。

 

2.余裕

 

帰る場所がある“落ち着き”が心に余裕を生みます。余裕ある態度は、頼もしく感じたり、男らしく見えたりします。それがさらに余裕と感じ取れて、とても魅力的です。

また、妻という存在あるので女性に対する態度もギラギラしていなくてサラッとした態度が、さらに余裕を感じさせることにもなります。





既婚者とわかった後で子煩悩だったりすると、更に安定した余裕に受け取れて安心感や頼もしさとしての魅力に映ります。

それが職場の上司だったりしたら尚更です。自分をサポートしてくれる頼もしい存在として信頼し。男性として惹かれていくのも当然のことでしょう。

 

3.優しさ

 

既婚男性には、下心を感じない優しさがあります。これは人としての優しさです。
スケベ心から優しくするのではなく、純粋な優しさなので、そこが魅力となります。

また、日頃から妻と接しているので、女性の気持ちを理解できます。女性の辛さを分かってくれる優しさが既婚男性にはあります。その共感力に女性は、包容力のある優しさを感じ思わず“キュン”となります。

これほど女性の気持ちがわかる男性に魅力を感じない女性はいないはずと、自分が彼に魅力を感じることを正当化します。

惹かれていることを正当化している時点で実はもう、好きになっていますよね。

 

 

4.そのままを認めてくれる

 

あなたはあなたと、良いところもそうでないところも含めて“そのままのあなた”でいいと、言ってくれる。

「それがあなたの魅力だよ。」と。
これほど自分のことを理解してくれる人はいないと、あなたは感動しているかもしれません。





でもそれは、一歩引いたところからあなたを観察できているからともいえます。
一歩引いた男性の余裕がありのままのあなたを認めてくれている。

でも、それは“たまらなく好き”とは全く違うことにお気付きですか?
“たまらなく好き”な相手には、お節介を焼いたり、自分の感情をぶつけたりします。

こういう洋服を着て欲しいとか、萌える感じでいて欲しいなど、自分の理想を相手に望んでしまう。
無関心でいられないから、それを望む。
恋人関係なら自然なことでしょう。

でも、既婚男性は“そのまま”で良いといいます。
実のところは、左程関心がないのです。


いかがですか?
妻という帰るところがある男性の“落ち着き”は魅力的に思えるかもしれませんが、それは帰る場所があるからこその“落ち着き”です。

仮にあなたが不倫から妻になれたとしても、別の女性があなたのように帰るところがある既婚者である彼に魅力を感じ、あなたと同じ道を進むことになることは、よくある話です。

後編では、既婚男性にはまりやすい女性の特徴について書きます。
お楽しみに!

ライタープロフィール
神実
神実
恋愛・結婚を通してふたりで生きる意味。この世でふたりが出会った意味・使命がわかるヒントを、また、パートナーに出会えていない方には、パートナー探しのお手伝いになるヒントをお伝えしたいと思っています。

週間ランキング

集計期間:07月17日~07月24日

恋愛PRESSライター一覧