アラフィフ~ それは純愛のとき

もう恋愛はいいかな……と、多くの女性が恋愛市場から離脱するアラフィフ以上。でも、本当に打算抜きで純愛ができるのは、これからかもしれません。

 

無垢なころかアラフィフ~か

純愛というと、とても若いとき、けがれを知らないうぶな子どもころの話で、大人になってからはあり得ない、難しいと考えがちですが、本当にそうでしょうか。

確かに、純粋に人を好きになって、胸をドキドキさせていたあのころから、年を重ねるごとにさまざまなしがらみが生まれたり、それまではなかった欲が出て来たりして、恋愛に打算が入り込んでくることは少なくないと思います。

「彼は私との将来を真剣に考えているの?」と不安になったり、「私がこんなにしているのに、彼は何もしてくれない」と不服を感じたり。先々を考えすぎたり、損得を計算してしまったりすることは往々にしてあり、ただ好きという気持ちだけで恋愛が成立しなくなっていきます。

親の手を離れ、自分自身で、現実社会で生きるうえで、人によって必要な要素がふえていくのですから、これは仕方がないことです。

 

お金とか子どもとか

なかでも純愛をブロックする大きな要素は、お金と子どもではないでしょうか。

しかしアラフィフ以上になると、収入が多い少ないはあれども、基本的に経済的に自立しているはずで、相手の男性の収入、お金があるなしに関わらず、その人を好きになれるはずです。

そして、男性の場合は何歳になっても子どもを持つ可能性はありますが、女性の場合、アラフィフ以上になると、生物的に「出産」という選択肢がなくなっていきますその選択肢は、言い換えれば足かせとも言え、恋愛の先に結婚、その先に子どもを産むという未来が見えるとき、純愛は成立しにくくなります。

それがなくなったとき、さみしいと思う場合もあるかもしれませんが、本当にピュアに、その人を好きかどうかで恋愛ができるようになるのではないでしょうか。

 

周りのあれこれとか

若いときは親が恋愛の相手に対してあれこれ干渉することも多いでしょう。我が子を思ってのことだとしても、そこには親の考え方が入り込みます。

もしくは親だけでなく、親せきや友達、周りの人たちがどう思うのかといったことも関係してくる可能性は大いにあります。

経済的にも自立した、子どもがどうのからも解放されたアラフィフ以上は、立派過ぎる大人ですから、周りの目や意見を気にする必要もなくなってきているのでは。それ故に、自分の心以外のものに惑わされることなく、相手を見つめることが可能になります。

 

性欲とか

もう一つ言うなら、アラフィフ以上は多くの場合、性欲からも解放されるときです。もちろん人にもよりますが、生殖の時期を終え、ホルモンの関係で性欲は少なくなっていくのが大概のはずです。

本能的な性欲を含めて誰か好きになることを純愛と呼ぶのかどうかは、色々意見分かれると思いますが、性欲からも離れ、体の関係を超えて、人として相手を好きになるのは、究極の純愛ではないかと、私は思います。

またその先に、ふれあいたい、体を重ねたいという気持ちが生まれるのもある意味、自然なことです。

 

今こそ純愛しませんか?

このようにアラフィフ以上は、しがらみから解き放たれ、打算なしで本当の純愛ができる素晴らしいときです。もう恋愛はいいかな……と離脱してしまうのはもったいないと思いませんか?

容姿的には若いころに比べて自信がなくなっているかもしれませんが、その分、これまでの人生で培ってきた人間力があります。

人生100年時代といわれる今、純愛を楽しみましょう!

それはきっと、これからの人生を素晴らしいものにしてくれます。

そしてそのためには、今の年齢ならではの魅力を輝かせることも大切です。

ライタープロフィール
錦恋
錦恋
積み重ねてきた経験から、失敗もたくさんしながら、見えてきたことがあります。恋に、愛に、悩める皆さまの幸せを心より応援します。

週間ランキング

集計期間:07月14日~07月21日

恋愛PRESSライター一覧