ウイズコロナの時代の恋愛、結婚はどうなる?運命の人に出会うために

ウイズコロナの時代の恋愛、結婚はどうなる?運命の人に出会うために

category love

 

外出自粛。3密回避。ソーシャルディスタンシング。

人と人の距離を遠ざける新型コロナは、私たちの生活を激変させました。

しばらくはこうした生活を続ける必要があり、

この先アフターコロナの日を迎えても、社会は以前とは違ったものになるといわれています。

では、これからの恋愛は、婚活はどうなるのでしょうか? そのカタチも大きく変わるのかもしれません。

 

 

コロナ禍、婚活市場が活発化

 

 

非常事態宣言のもとで店や会社が活動をストップした時、婚活もストップ?と思いきや、そうでもありませんでした。結婚相談所への問合わせ件数はかなり増えたそうです。

特に目立つのは一人暮らしの女性で、聞こえてきたのは「一人でいる時間が増えて淋しくなった」「不安な中で頼れる人、支え合える人がほしいと思った」という声。

なんとなく忙しさに紛れていた「パートナーがほしい」という思いが切実に、浮き彫りになったといえます。

 

「対面」が難しい中で多くの結婚相談所では、最初の面談から、お見合い、そしてデートまで、オンラインでできるシステムを導入。すると、以前よりも交際へと発展する確率が上がったそうです。

 

また結婚相談所に限らず、さまざまなオンラインお見合いや婚活が増えています。

 

 

出会いはオンライン中心に?

 

 

コロナの前からマッチングアプリをはじめとするオンラインでの出会い探しや婚活は広がってきていました。ただ、交際し、結婚にまで至る確率はあまり上がっていなかったそうです。

それがここにきて、変化の兆しを見せています。

 

これまではまず出会って、次は直接会うという方向性でしたが、一度も会わずにオンラインでデートを重ねることも珍しくなくなってきています。

 

考えてみれば、オンラインならもしうまくいかなかった場合も痛手が小さいといったメリットもあります。対面のデートにかかる時間や労力、お金など、ムダが少なく、直接会うよりも緊張せず、話がしやすいという人も多いでしょう。

 

オンラインで出会い、オンラインでデートを重ねる。というのはこれからのスタンダードになるのかもしれません。

リモートで愛は育めるのか? 

 

 

自粛期間中に会議アプリZoomなどを使ったリモート飲み会を経験した人なら、オンラインデートはイメージしやすいと思います。

 

〇「終電が!」ということもなく時間を気にせずデートできる。→ 切り上げるタイミングが難しい。

〇下はジャージでOKなのでラクちん!→ オバサン(オジサン)化が進む。

〇画面なのでアラが分かりにくい。自分をよく見せやすい。→ 相手に対しても同じことが言える。

 

など、よしあしでいえば一長一短ですが、注意すべきは「自分をよく見せやすい」では。自分を作り過ぎるとギャップを埋めることが難しくなります。できるだけ本当の自分を見せることが大切なのではと思います。

 

さらなる問題は、肉体なしで愛はどこまで育めるのかです。

キスやセックスに行く前にも、ちょっとした仕草や雰囲気、においといったものは、好きになる、あるいはムリと感じるのに結構重要な要素です。それがどこまで伝わるのでしょうか。

そしていざ対面となった時に、こんなはずではとガッカリすることはないのでしょうか。

精神的な部分で愛を育むことは可能でも、対面でしか育めない部分もある。

だから交際を始める時、または早いうちに一度は対面を経た方がいいのでは、と私は考えます。

 

まとめ

 

パーティーなどの集まりが難しくなり、仕事もリモートが増えて外へ出なくなると、出会いは当然ながら減り、恋愛のチャンスは減ってしまいます。

その一方でオンラインのお見合いや婚活がますます広がっており、これからは出会いだけでなくデートもリモートでするのが普通になるかもしれません。

そこで大切なのは、作り過ぎない自分を見せること。また、リモートデートを重ねるうえでも、早いうちに一度は対面しておくことでは。

たとえ恋愛や婚活のカタチが変わっても、運命の人と出会うために、遠回りしないために……。

ライタープロフィール
錦恋
錦恋
積み重ねてきた経験から、失敗もたくさんしながら、見えてきたことがあります。恋に、愛に、悩める皆さまの幸せを心より応援します。

週間ランキング

集計期間:09月13日~09月20日

恋愛PRESSライター一覧