セカンドパートナー同士には暗黙のルールがある?関係を長続きさせるために

セカンドパートナー同士には暗黙のルールがある?関係を長続きさせるために

 

40代〜50代の男女共に人気のセカンドパートナーという存在。セカンドパートナーと不倫との違いは肉体関係があるかないか。でも手を繋ぐことは許されている?どこまでがOKでどこからがNGなの?お互いがそこの線引きを知っていないとセカンドパートナーという言葉だけが先走りして微妙な関係性になってしまうでしょう。そしてせっかく良い関係になれたセカンドパートナーとの関係を末長く続けていくためにはお互いの考え方やルールをある程度定義しておく必要があるかもしれません。今回はセカンドパートナーの意味とその関係を長続きさせるためにはどのような考え方で付き合っていくのが良いのかについて解説していきます。

 

セカンドパートナー同士の暗黙のルールとは

 

不倫とは違うセカンドパートナーという関係。そこにある暗黙のルールとは?

 

セカンドパートナーとは肉体関係を持たない

 

肉体関係を持たないとされるセカンドパートナー。しかし、男性の中には満たしたい性欲を抑えて付き合っていることもあるのは事実。そのような場合はもう一人別の女性がいる、などという欲張りな男性もいるようです。

 

セカンドパートナーはどこまで許される?

 

では、セカンドパートナーはどこまでが許されているかというと、一般的には手を繋ぐこと、ハグまではOKという感じでしょうか。中にはキスまでOKという考えもあるようですが。しかし、カップル同士の中で暗黙の了解の域があるのも確かです。しかし、一線を超えて肉体関係を持った時点で不倫関係になります。そこはお互いに知っておかなければなりません。

 

今セカンドパートナーを求める人が多いわけ

 

現在、肉体関係を持たないセカンドパートナーの存在を求める男女が増えていると言います。セカンドパートナーを持つメリットとは?

 

ストレスが発散できる

 

家庭内や友人では相談できないことや話もあるでしょう。中には聞いてほしい愚痴をこぼす場所がないという人もいます。また、男性だと自分の成果を真剣に聞いてほしい、自分を認めてほしいという気持ちが強い傾向にあります。その役目を果たせるのがセカンドパートナーなのです。

 

安心感など、心に余裕が生まれる

 

お互いに信頼して付き合っているというセカンドパートナーという存在がいるだけで、心に大きな安心感が生まれます。お互いに心から愛し合っているとわかっているわけですから、心にも余裕が生まれます。

 

セカンドパートナーの関係を長続きさせるために

 

セカンドパートナーという存在は自分にとって家族と並ぶほどの重要な存在にもなりうるということです。その関係を長続きさせるためには、全てをオープンにして付き合う必要があります。そのため、中には結婚相手や家族にまでセカンドパートナーの存在を話しているというカップルもいるほど。お互いの信頼関係の上に成り立つ関係です。そしてお互いに暗黙のルールを破らないことが大切になってくるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

セカンドパートナーとは男女の関係を超えた心がつながっている深い関係だといえそうですね。関係を長続きさせるためには、お互いの思いやりと相手を信じる気持ちが大切です。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:05月21日~05月28日

恋愛PRESSライター一覧