メールで告白しても大好きな彼に想いが伝わる方法

メールで告白しても大好きな彼に想いが伝わる方法

 

「告白」好きな人に自分の気持ちを伝えるのはとってもドキドキするものです。もしも自分の気持ちを受け入れてくれなかったら…そんな思いが頭をかすめるから。それでも学生時代は好きな彼に思い切って告白する事もあったのではないでしょうか?しかし、大人になってくると昔のように直接自分の気持ちを口頭で伝えることは中々難しくなってきます。

 

最近ではメールやラインなどのツールもあり、文章で告白することも増えてきています。しかし、文章だけで自分の本当の気持ちを伝えるのはとても難しいものです。直接会って言葉で伝えるなら、相手の表情や仕草なども含めて、自分の気持ちが伝わったかどうかがわかりやすいですし、もしもちゃんと伝わっていないようなら、その場で訂正したり言い直しがききます。しかし、それが文章やメールとなると、初めは一方通行になってしまいます。今回はそのようにメールで告白する場合に、相手に自分の気持ちをきちんと伝える方法について解説していきます。

 

メールの告白を成功させるたの方法

 

文章で自分の気持ちを相手に伝えるにはどうしたらいいのでしょうか?中々難しい問題ではありますが、ちょっと工夫すればあなたの思いを相手に伝えることができます。

 

丁寧な言葉で伝える

 

ラインなどで、普段は友人としての気楽な文面でやりとりしていたのではないでしょうか?大して重要ではないことを話す場合は普段の言葉使いで問題ないのですが、あなたが真剣な気持ちで彼に告白をする場合は、いつものような文面ではなく、きちんとした敬語を使って文章を書くようにしましょう。例えば「あなたのこと、好きなんだよね。」と「あなたのことが好きです。」この二つの文章を比べてみましょう。丁寧にそしてまじめにあなたの気持ちを伝えるためには敬語を使った方がいいということがわかります。

 

自分の気持ちを素直に文章にする

 

ドキドキしますが、最初から「好き」という言葉を入れましょう。相手には結論から伝えた方がわかりやすいからです。色々な話の中に「好き」という言葉を混ぜ込んでしまうと、言葉の重要性が薄れてしまいます。結論を伝えてから、その理由を述べる方が相手に伝わりやすいのです。

 

難しくしないでシンプルに伝える

 

一つ一つの文章は短めにしましょう。どこで区切ったらいいのかわからないような長い文章より、シンプルに短く自分の気持ちを伝える方が伝わりやすいものです。全体の文字数もできるだけ無駄を省いて、あなたの素直な気持ちが伝わるように工夫しましょう。

 

相手の都合を考えてメッセージを送る

 

誰だって告白された時には感情が動くものです。できるだけ夜の時間や彼がゆっくりしている時間帯に連絡するようにしましょう。例えば昼休みを利用して告白メールを送ることもあるかもしれませんが、それは避けた方が良いでしょう。あなたは休憩中でも彼は仕事中かもしれません。夜に告白文を送る場合でも「今、話しても大丈夫?」などと、前置きした方がいいですよね。相手がゆっくりと真剣にあなたの文章を読むことができる時間帯の方が気持ちが伝わりやすいですよ。

 

まとめ

 

告白文は相手の反応を直接みることができないのでとても難しいですよね。でも、時には口で告白するよりも相手に印象を残す事ができるかもしれません。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:09月30日~10月07日

恋愛PRESSライター一覧