不倫には必ず原因がある!性欲のせいだけにできない心に潜む事

不倫には必ず原因がある!性欲のせいだけにできない心に潜む事

 

あまり表立っては目立たないかもしれませんが、世の中には不倫カップルや、不倫に悩む人たちが大勢います。

不倫関係を自ら望んでいる人なんて殆どいないはずなのに、不倫や浮気は身近なところで起こっているのです。

 

しかし、なぜ世の中に不倫がなくならないのでしょうか?

不倫や浮気が起こる原因はどこにあるのでしょうか?

不倫関係に至った男女だけに原因があるわけではなさそうなのです。

なぜ、不倫は起こるのでしょうか?

 

不倫の原因は何?

不倫とは婚姻している男女が他の男女と性交渉を伴う関係を持った時に使われる言葉です。

不倫や浮気が発覚した場合は深刻な問題に発展する可能性があるという事を誰もが想像できるので、表立って行われる事はありません。

そして、そこに男と女がいたから不倫になる…そんな簡単なものでもなさそうです。

 

相手への気持ちが冷めた時

 

結婚したばかりの頃は、もしくは結婚した後でもまさか自分の夫が不倫するなんて、想像もできなかった事でしょう。

しかし、結婚して出産して…とライフイベントを重ねるごとに、いつしかお互いの恋愛熱がすっかり冷めてしまいます。

 

「あの頃のような恋愛がしたい…」そんな気持ちがふと湧き上がってくることも。

でも自分は結婚しているのに、他の人のことを好きになるなんて道徳的に反する、配偶者への裏切り行為になる、もしも不倫が発覚してしまったらヤバイ…。

そのように自制心が自然に起こり、人間は不倫をしないように心に自然にブレーキがかかるようになってはいるのですが、時々その枠を超えて感情が動き出してしまうことがあります。

 

相手への気持ちがすっかり冷め切っている時に、自分好みの女性と話があってすっかり意気投合してしまった場合はどうでしょうか?

心通う楽しい関係からやがて不倫関係へと発展してしまうことも。

 

相手への「好き」という感情が弱まった時

 

好きな相手は常に大切にしたいと思うのが人間です。

しかし長く夫婦関係を続けてくると、自分が相手のことを好きだという感情、相手のことを愛しているという気持ちもどんどんと弱くなってしまうのです。

好きという感情が弱まったとき、自分とは違う考え方を持つ相手のことを認められなくなってくることも。

 

相手と自分の考え方が違うとわかっていても、相手のことを理解しようと努力することなく、ただ単に感情的に抵抗するようになってくると、一緒に話すこともイヤ、顔を見ることすらイヤと言った感情が湧き上がってきます。

 

相手のことを理解することを諦めてしまうと同時に、自分も相手に理解されていないと感実用になります。

 

不倫の原因は心の中にある

 

不倫というと即座に肉体関係を想像してしまいますが、そこに至るまでに様々な思いがあるのです。

 

人間は人から認めてもらいたい生き物

人間は常に自分を高く評価してくれる人に心を許してしまうものだそう。

人から認められたいという感情を持っているので、その部分を満たしてくれる相手が近くにいると不倫関係になってしまうことも少なくありません。

夫婦関係がうまくいかなくなって、相談した相手が自分のことをとても理解してくれたりすると、相手に魅力を感じてしまいます。

 

不倫の最初は相談相手からスタートすると思ってください。

配偶者以外に自分を理解してくれる異性がいる場合は、不倫につながるリスクがとても高いと言えます。

 

まとめ

 

不倫のスタートは目の前に好みの異性が現れて性欲が我慢できなかった…そのような理由で不倫が始まるのは稀なケース。

夫婦仲に問題があり、自分の理解者が家庭内ではなく外にいる異性だった場合などは不倫関係になるリスクが高まるといわれます。

「旦那に不倫された!」という前に、お互いの夫婦関係がどうだったかについて、考えてみることが必要です。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:11月17日~11月24日

恋愛PRESSライター一覧