不倫愛 ~選んではいけない男ってどんなタイプ?~

不倫愛 ~選んではいけない男ってどんなタイプ?~

結婚している相手との恋愛、ダメだと分かっていても思うようにならないのが恋心。時には、既婚者を好きになってお付き合いすることもあるでしょう。

ただ、普通の恋愛と比べて気を付けなくてはいけないことがあるのも事実。間違った相手との不倫愛は、喜びよりもツラい思いの方が多くなってしまうのです。

選んではいけない男性のタイプ、その特徴をご紹介していきましょう。

 

選んではいけない男ってどんなタイプ?

 

「妻と仲がよくない」アピールをする男

「妻にはもう愛情がない」「妻の〇〇なところが嫌い」「別れたいと思ってる」

こんなことを言われたら、自分が一番愛されているような気がして嬉しくなりますよね。でも、口癖のようにいつもこのセリフを吐く男は不誠実、選んではいけないタイプです。

本当にそう思っているなら、文句ばかり言わずにきちんと行動を起こすはず。あなたに取り入るために、その場限りの適当なことを言っている可能性大です。

その気がないなら「きみのことを愛してる、でも家庭を壊す気はない」とはっきり言える男の方が、よっぽど不倫愛には向いています。

 

自分勝手な男

家庭があれば、時間が自由にならないことは理解できます。だからといって、こちらの都合をまるで考えてくれない男は選んではいけないタイプ。

突然のお誘いを断ると不機嫌になる、ドタキャンしても謝らない、予定変更の理由を言ってくれない。彼の態度に思い当たることがあったら、それはあなたを大切にしていない証拠です。

たとえ不倫の間柄でも、お互いに好きになって付き合うのなら二人は対等な関係のはず。「結婚してるんだから仕方ないだろう」と開き直るような相手とは、楽しい恋愛関係は築けないでしょう。

 

態度に出てしまう男

あなたとの恋に舞い上がって好意が顔や行動に出てしまう男は、選んではいけない相手。

愛情があるのは良いことですが、不倫愛はルールを守れる大人にだけ許される特別な恋愛です。二人の関係を匂わせるような態度は、明らかにルール違反。

職場なのに距離が近かったり逆に不自然に素っ気ない態度は、見る人が見ればピンとくるでしょう。一緒に撮った写真をSNSにアップするのはもちろんですが、自分のスマホに保管しておくのもダメ。

余裕があって気配りができる男性でないと、二人の関係を上手に続けていくのは難しいのです。

 

避妊しない男

盛り上がって流れで思わず・・・ありがちなシチュエーションですが、避妊してくれない男を不倫相手に選ぶのは絶対にNG。

避妊しない=私との将来を考えてくれてると思いたいところですが、残念ながらそれは幻想です。実際に妊娠してしまえば、どういう道を選んだとしても女性に負担が重くかかってしまうのは当然のこと。

責任感があれば、まだきちんとしていない状況で自分勝手な欲望を押し付けてこないはずです。

哀しい結末にならないように、よく考えて相手を見極めてください。

 

束縛する男

会いたいときに会えないのが不倫のツラさ。彼の都合に合わせてあなたが我慢することも多いでしょう。

分かってはいても寂しい思いをするのはやっぱり女性の方。それなのに、あなたのプライベートを束縛してくる男は選んではいけない相手です。

「誰と会うの?」「どこに行くの?」「何してるの?」「何ですぐに返信しないの?」

自分は妻や子どもが大切で家庭のことを最優先、でも彼女はコントロールしておきたい なんてそれは身勝手というもの。

あなたが一人の時間を充実させてこそ、不倫愛は長続きするのです。

 

まとめ

誰かを好きになる気持ちは抑えようとしてもどうにもならないもの。好きになった人がたまたま既婚者だった、既婚者だということを知らなかったというパターンもありますよね。

どんな形の恋愛であれ、幸せになれるようにしっかりと相手を選んでくださいね。

ライタープロフィール
Hana
Hana
「真の恋の道は、
茨(いばら)の道である」
     シェイクスピア

それでも恋はしていたい!
素敵な恋愛をするためのヒントを
お伝えしていきます。

週間ランキング

集計期間:09月29日~10月06日

恋愛PRESSライター一覧