別れ話を先延ばしにする意味~別れ間際の男性心理がわからない時

別れ話を先延ばしにする意味~別れ間際の男性心理がわからない時

category love 男性心理


彼氏に別れ話をしたのにも関わらず、先延ばしにされたら辛いですよね。実は、別れ話を先延ばしにする男性心理は、大きく3つに分けることができます。この記事では、そんな男性心理3つについて、紹介をしてゆきます。

 

真剣に別れたくないと思っている

 

大好きな彼女から、別れ話を切り出されてしまったら、彼氏は戸惑ってしまいますよね。仮に、そのまま別れ話を進められてしまったら、本当に関係が終わってしまうかもしれませんからね。


やはり、真剣に別れたくないと思っているのなら、それに関わる話はしたくないはずです。結果として、別れ話を切り出されてしまったら、それを先延ばしにして、その場を凌ごうと考える男性は多いわけですね。


特に、別れ話を切り出したのにも関わらず、話題を変えてきたり、深刻な表情を見せてきた場合は、真剣に別れたくないと思われている可能性が高いでしょう。

 

別れを受け入れたいが決心できていない

当然ながら、別れ話をされたときに、「仕方ないな…」と考える男性も多くいます。しかし、「仕方ないな…」とは考えたものの、別れる決心ができない場合も多いのです。


つまり、彼女の意見を尊重したいものの、決心まではできないときも、別れ話を先延ばしにしがちなのです。例えば、「別れるべきなんだろうけど、決心できないから時間をかけて考えたい」というような気持になり、結果として先延ばしにするわけですね。


特に、別れ話を切り出したときに、困ったような顔をしてきたのなら、別れる決心ができていない可能性が高いですね。また、沈黙が続くなど何かを1人で考えているような場合も、別れる決心ができていない可能性が高いでしょう。

 

キープしておきたいと考えている

彼氏との関係性が薄れてきたのなら、キープしようと思われているかもしれません。例えば、「新しい恋人が欲しいけど、できるまでは寂しいから今カノとの関係も続けよう」などと考える男性は、意外と多いものですよ。


キープしたいということは、別れたくはないということです。そのため、キープしておきたい彼女から別れ話を切り出されたら、結論を先延ばしにしたくなるものなのです。もちろん、キープしている彼女からの別れ話は、男にとって深刻なものではありません。しかし、キープしておきたいという気持ちがある以上、別れ話は先延ばしにしたいものなのです。


もしも、別れ話を切り出したのにも関わらず、余裕のある態度で逸らしてきたのなら、キープしておきたいと思われている可能性が高いでしょう。

 

最後に

 

彼氏から別れ話を先延ばしにされた場合、「真剣に別れたくない」「別れを受け入れたいが決心できない」「キープしておきたい」のどれかの男性心理が働いている可能性が高いでしょう。


ただし、別れ話を先延ばしにしたところで、彼女側のあなたにとってメリットはありません。そのため、無理にでもキッパリと別れることを伝えて、新しいステージに進んだほうがいいでしょう。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:07月17日~07月24日

恋愛PRESSライター一覧