勘違いしていませんか? ~男が求める「女子力」はそれじゃない~

勘違いしていませんか? ~男が求める「女子力」はそれじゃない~

category love

「女子力が高い」と言えば誉め言葉

モテるための重要な要素ですよね。

女子力を高めるために、日々一生懸命努力している人も多いのでは?

でも、女性が思う「女子力」と男性が求める「女子力」には違いがあるのです。

そこを理解していないと、せっかくの努力が無駄になってしまうかもしれません。

女と男、それぞれの本音をご紹介しながら

男女が考える「女子力」の違いを明確にしていきましょう。

 

そもそも、女子力ってなに?

女子力とは、女性ならではの魅力のこと。

女性らしい外見、行動、態度などを表します。

 

女子力が高いってどんな人?

料理が上手

 

<女の本音>

色どりや栄養にプラスして、おしゃれな料理を作りたい。

塩もオイルもこだわるし、食器だって当然映えるものをセレクト。

食べる前に写真を撮ってインスタにアップしないとね。

 

<男の本音>

野菜たくさんで身体に優しいとか、男子の求める料理はそれじゃない。

美味しくて、お腹がいっぱいになればそれで充分。

新しさとか、流行りとかどうでもいいから

冷蔵庫の中にあるものでパパッと作れるのが、本当の料理上手。

 

女性は、他人に見せるることを意識しますが

男性は、満足感が一番です。

 

可愛い装い

 

<女の本音>

ゆるふわ系のいわゆる女の子っぽいファッションや

フェミニンなグッズは、女子力の王道。

何だかんだ言っても、男って可愛くて守ってあげたい子が好きなんでしょ。

 

<男の本音>

似合っていれば可愛い系でもOKだけど、無理してる感が出ちゃったらそれは痛い。

可愛さを追求するよりも、年齢に合った品性が必要でしょう。

目的や集まるメンバーにマッチした服装を選んでほしいのが男の正直な気持ち。

 

女は、自分を可愛く見せることを目的とし

男は、彼女が周りからどう見られるかを重要視します。

 

綺麗なネイル

 

<女の本音>

華奢な指先は女らしさの象徴、男性は絶対に見てると思う。

だからネイルはいつも完璧を目指したい。

カラーだけじゃなく、ネイルアートもアピールポイントだよね。

 

<男の本音>

派手なネイルは目立つけど、爪に何の絵が描いてあるかなんて興味無し。

むしろ「派手そう」「家事やらなそう」っていうマイナスのイメージが大きいかも。

色も形も長さも、ナチュラルな方が仕事も生活もしっかりしていそうで好感度大。

 

女性は、ネイルをアートとして評価しますが

男性は、そのネイルで何ができるかを考えます。

 

自分磨き

 

<女の本音>

自分をステップアップさせたい、時間を無駄にしたくない

だから、スクールに通って自分磨き。

フラワーアレンジメントやマナー教室なら、女子力アップには最適でしょう。

 

<男の本音>

習い事をするのは良いけど、それと女子力って関係あるの?

ジムや英会話スクールなら、話にものれるけど

花やマナーは、正直分からないからご自由にどうぞ って感じ。

 

女は、自分を高めることに努力しますが

男は、その価値を理解しにくいようです。

 

気配り

 

<女の本音>

飲み会で皆の分を取り分ける、グラスが空いたらすかさず次を勧める

細やかな気配りは、最強の女らしさ。

必ず実践してる私って女子力高めだよね。

 

<男の本音>

確かにありがたいし、職場の宴会なら年配の上司受けは良さそう。

でも、度が過ぎるとわざとやっているようであざとさが見えてしまうかも。

気配りをアピールするより、目立たないセッティングや片付けをサッとできる方がいいよね。

 

女は、見える気配りを大切にし

男は、見えない気配りに魅かれます。

 

まとめ

「女子力」に対する女性と男性の感じ方の違いがお分かりいただけたでしょうか?

男にとって、あからさまな女子アピールは心に響かないものなんですね。

男性ウケを狙うのではなく、自然な女性らしさを身につけることが

実は女子力を高めることになるのです。

魅力的な女性を目指して、正しい女子力アップをしてみませんか?

ライタープロフィール
Hana
Hana
「真の恋の道は、
茨(いばら)の道である」
     シェイクスピア

それでも恋はしていたい!
素敵な恋愛をするためのヒントを
お伝えしていきます。

週間ランキング

集計期間:01月21日~01月28日

恋愛PRESSライター一覧