夫婦関係に終わりを告げるサイン〜離婚には前兆があった

夫婦関係に終わりを告げるサイン〜離婚には前兆があった

 

結婚した当初は別れや離婚のときが来るなんて誰も想像することはなかったはず。しかし、長年夫婦生活をしてくると、色々な事が積もり積もっていつの頃からか離婚を考えるようになってしまうこともあります。女性の方から離婚を切り出すのは躊躇します。それはこの先、女一人で生きていけるかどうか自信がないから。特に子供がいると早々簡単に離婚というわけにはいきません。お互いに「離婚」という二文字が脳裏に浮かんではいるものの、そのタイミングや本当に離婚していいものかなど、それぞれ考えているのではないでしょうか?

今回は男性が離婚を考えている時の行動について解説していきます。夫の言動から夫婦生活の終わりを告げるサインが出されていることもあります。

 

夫婦生活に終わりを告げる夫からのサイン

 

離婚の話が持ち上がる以前に既に夫の方から出されている離婚のサインと、その前兆とはどのようなものなのでしょうか?

 

仕事が忙しく帰宅が遅い

 

結婚当初から仕事熱心で残業が多く帰宅が遅い場合であっても、家庭を顧みない夫との結婚生活には不安を覚えているのではないでしょうか?いくら経済的に余裕がある家庭でも、家族の繋がりが薄いようでは幸せ感や充実感を味わうことはできません。そのような状況が長く続くとそれはやがて離婚という決断に発展する可能性は十分に考えられます。または、ある時を境に急に夫の仕事が忙しくなった場合。この場合は家に帰宅するよりも彼にとって他にもっと重要な事ができたという事。もしくは家に自分の居場所がないと考えている可能性もあります。

 

泊まりの出張が増える

 

泊まりの出張は男性にとっては都合の良い言い訳です。夫の仕事や会社のスケジュールなど知るよしもない妻にとって、男性が妻以外の女性と外で会うための口実かも知れません。特に今まで出張などほとんどなかったのに、最近ポツポツと泊まりの出張が入ってきたという場合は要注意です。

 

会話が噛み合わない、会話がなくなった

 

女性同士のランチの席で「旦那と話すことがないから会話がない」などと言っているのをよく耳にします。仲が良かった頃はいろんなことを相談しながら家庭内のことを決めてきたのではないでしょうか。子育ての悩み相談も旦那に相談することができないと言った意見もあります。問題が起こっていたとしても会話がなければ改善の余地がないのです。特に男性が口を継ぐんでしまうのは、離婚の前兆と捉えることができるでしょう。

 

一緒に食事をしない

 

夫婦が一緒に夕食を取らなくなるのも夫婦関係の終わりの終盤サインのようです。一緒にいて気分が悪い相手と食事をするのはまさに苦痛でしかないのです。

 

まとめ

 

夫婦関係に終わりを告げるサインについて解説しました。ここでは既に夫が行っている怪しい行動についてまとめましたが、男性がそのような行動をとる前に、既にあなたとの関係がどこかで壊れていたはずです。離婚はどちらかの一方だけが悪いというわけではありません。ここまできてしまう前にあなた自身が行った夫に対する言動も振り返ってみる事が大切です。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:05月21日~05月28日

恋愛PRESSライター一覧