好き?それとも執着? 苦しみから逃れ幸せになる方法

好き?それとも執着? 苦しみから逃れ幸せになる方法

苦しい恋をしていると、相手のことを本当に好きなのか、それとも執着なのかがわからなくなってくることがあります。もしそれが執着ならば、手放すことで苦しみから解放されることができるはず。そこから幸せになる道が見えてくるはずです。

 

好きがいつしか執着に

きっと誰もが始まりは、純粋な好きでしょう。ただ好きで、好きで、一緒にいたい。触れ合いたい。そんな想いでしょう。

しかし、思い通りにならない関係、相手が自分のものにならないといったジレンマが執着を生み出します。

例えば、失くしたアクセサリーや買い損ねた服やバッグなど、失ったもの、手に入らないとなったものほど、「欲しい」という気持ちが強くなったことはありませんか? それと同じです。

執着は人間の苦しみの根源の一つ。しかも、幸せを追い求めるがために苦しみが生まれるという、やっかいなものです。

さて、あなたの恋は執着に変わってはいませんか?

 

幸せと欲望、執着の関係

幸せを追い求める。それは、欲望と表裏一体、もしくはイコールです。

一緒にいたい。触れ合いたい。自分のものにしたい。~したいという欲望は、好きという気持ちから自然に持たざるを得ないものでもあります。

食欲・睡眠欲・性欲という三大欲以外にも、物欲、権力欲など、人間はさまざまな欲望にとらわれ、煩わされます。それは人間の性ともいえます。

そして、欲望があるから執着が生まれます。だから欲望を抑える、コントロールすることができれば、執着から解放されることができるはずです。

とはいうものの、それは簡単なことではありません。だからこそ、私たちはもがき苦しむわけです。

 

執着を手放すには

欲望をコントロールし、執着を手放すにはどうしたらいいのでしょうか?

絶対的な方法はないですが、心の持ちようを変え、冷静に状況を俯瞰する目を持つことが大切です。

そのために有効とされるひとつが「マインドフルネス」の実践です。

マインドフルネスとは、今この瞬間に意識を集中すること。過去やまだ起こっていない未来ではなく、「今」「現在」を生きること。それによって物事を客観的に見ることができるようになる、また、幸せに生きる秘訣ともいわれています。

今に焦点を当てることで、過去にとらわれるのではなくそれを教訓とし、未来のことをポジティブに考え、そのために今、行動したり努力したりできるようになります。

 

また、何かに強い欲望を感じ、執着する時、それが永遠に続くものであるという認識がどこかにありがちです。

しかし、この世は「諸行無常」です。

全てのものが変化し、永遠に続くものは何もありません。今ここにあるものも、変わらないように見えても刻一刻と変化しています。恋愛をはじめ人間関係は言わずもがなです。

このことを理解できれば、執着を手放しやすくなります。

 

終わりに

仏教の何か?と思われたでしょうか。そうです。先日、仏教の僧侶の方とお話しさせていただく機会があり、その中で出て来た言葉や概念から、どうしたら恋の苦しさから逃れられるかを考えてみました。

カギとなるのは執着を手放すこと。実は、執着を手放すことができると、思わぬ展開になることも少なからず。

手に入らないと思っていたものが手に入ったり、別のチャンス、恋がやってきたり、などなど。

それが人生の不思議でもあります。

ライタープロフィール
錦恋
錦恋
積み重ねてきた経験から、失敗もたくさんしながら、見えてきたことがあります。恋に、愛に、悩める皆さまの幸せを心より応援します。

週間ランキング

集計期間:05月17日~05月24日

恋愛PRESSライター一覧