年下彼氏~うまく付き合うための恋愛マニュアル

年下彼氏~うまく付き合うための恋愛マニュアル

category love

年下の彼氏と付き合っている女性、
最近増えてきているようです。
「彼が若くていいね!」って言われるけど
実際にはいろいろ悩みもあるんだとか。
良いところ、悪いところ、お悩み、気を付けたいポイント
年下彼氏との上手な付き合い方をご紹介していきます。


年下彼氏とのお付き合い 良いところは?

 

真っすぐで素直

危なっかしさもあるけれど、ポジティブさが魅力。
新しい事にチャレンジできる勇気や積極性は、年下の彼氏だからこそ。
会うたびにたくさん刺激をもらえます。
あなたのために一生懸命、素直に愛情表現してくれるのも
キュンとくるポイントです。

 


自分も若々しくいられる

彼の考え方や趣味、興味の有るもの
一緒にいると自然にあなたも影響されます。
いつもなら素通りするようなことにトライできるのは、年下彼氏のおかげ。
「彼に相応しい女でいたい」という気持ちがあれば
外見も中身もブラッシュアップが期待できます。

 


考え方が柔軟

「男は〇〇したらダメ、女は△△するべき」
なんていう古い考え方に縛られないのが年下彼氏。
伝統やしきたりよりも、自分たちにとって大事なことを優先させます。
日ごろプレッシャーと戦っている大人女性にとっては、
心地良く過ごせることが大きなメリットです。

 


体力がある

どんなに疲れていても、会いたいと思えば来てくれるのが
年下彼氏の若さとエネルギー。
「明日の朝早いから」とためらうあなたを
少し強引に誘ってくれるのは、やっぱり嬉しいですよね。
彼の体力についていけるよう、しっかりボディケアしておきましょう。

 

年下彼氏とのお付き合い 心配なところは?


お金はどっちが払う?

年下彼氏よりあなたの収入が多い場合、迷うところです。
余裕がある方が出す、ランチが彼ならディナーはあなた など
それぞれのカップルにフィットするやり方を見つけましょう。
ただし、男って好きな相手には格好つけたいもの。
「出すよ」と言われたときには断っちゃダメ。
素直に「ありがとう」が正解です。

 

子供っぽい

熱過ぎる情熱論を語ったり、無理と分かっていても強行したり。
酔っぱらってバカやったり、くだらないイタズラを仕掛けてくることも。
年下彼氏の行動が、どうしても子供っぽく見えてしまうこと
ありますよね。
男性は基本的に女性より精神年齢が低い生き物。
そんな態度も「かわいい」と思って、温かい目で見逃してあげましょう。

 

将来のことを考えてない

あなたが「そろそろ結婚」と思っても
年下彼氏が「まだ考えてない」というのは、ありがちなパターン。
でも、こちらから迫ったり匂わせたりするのはお薦めできません。
二人のゴールは、彼自身が自分で考えて決めることが大事です。
追い詰めるのではなく、「ずっと一緒にいたい」と思わせるように
焦らずお付き合いを続けていきましょう。

 


若い子に取られたらどうしよう

同期や学生時代の仲間との集まり、心配になりますよね。
でも、そこはグッと我慢。
嫉妬の気持ちは隠して、年上の包容力で送り出してあげましょう。
彼が今付き合っているのは、あなたです。そこは忘れないこと。
束縛してウザがられるよりも、信頼する方が良い関係を保てるのです。

 

年下彼氏とのお付き合い、メリットとデメリット両方分かったところで、良い関係を続けていくためのポイントを
みていきましょう。

 

年下彼氏とのお付き合い うまく付き合うためには?

 

年齢を意識し過ぎない

どうしても歳の差が気になってしまうのは仕方がないこと。
でも、「私が年上だから~~」「オバさんでごめんね」
なんてセリフは厳禁です。
自虐のつもりで言っていても、相手も答えようがありません。
彼はあなたのことが好きで、あなたを選んでくれたのです。
それを信じて、自信を持ちましょう。

 


自分も素直になる

「年上だからしっかりしなくちゃ」と気負う必要はありません。
甘えたいと思ったら素直に甘えてもOK。
困った時には頼っても大丈夫です。
彼だって、好きな女性には良い所を見せたいと思っているはず。
普段はしっかりしているあなたの弱気な様子は、意外なギャップ。
彼をドキドキさせる効果も望めます。

 

コントロールしようとしない

あなたの方が人生の先輩、
時には、年下彼氏の行動が気になってしまうことも。
でも、上から目線はNG。子供扱いは彼の自尊心を傷付けます。
一歩引いてさりげなく彼を立てて上げる方が
うまくいくことも多いはずです。
彼の交友関係に口を出したり、束縛のし過ぎも控えましょう。
恋愛は対等な関係がベストです。

 

まとめ

今現在、年下の彼氏と付き合っている方
「次は年下もいいかな」と思っている方
お付き合いにするうえで一番大切なのは、二人の気持ちです。
良い関係を続けていけるよう、参考にしてみてくださいね。

ライタープロフィール
Hana
Hana
「真の恋の道は、
茨(いばら)の道である」
     シェイクスピア

それでも恋はしていたい!
素敵な恋愛をするためのヒントを
お伝えしていきます。

週間ランキング

集計期間:06月29日~07月06日

恋愛PRESSライター一覧