彼と喧嘩になった時、絶対にやってはいけない事〜取り返しがつかなくなるかも

彼と喧嘩になった時、絶対にやってはいけない事〜取り返しがつかなくなるかも

 

どんなに仲良しのカップルでも、一度や二度は喧嘩したことがあるはずです。勿論、喧嘩しても仲直りして現在があるのでしょう。しかし、喧嘩して危うく別れそうになったという経験はありませんか?もしかすると現在喧嘩中で今にも別れそう…。そんなカップルもいるかも知れません。
彼と喧嘩をしたとき、なぜか意地をはってしまうのは人間の心理かも知れませんね。そしてこちらから謝るのもなんだかしっくりこない…そのように感じてしまうこともあります。

今回は本当は好きな彼と喧嘩したときに絶対にやってはいけないことについて解説していきます。もう別れてもいい!というくらい怒り心頭なら仕方ないかも知れませんが、彼と別れる気はないというなら、気をつけるべきことがあります。一歩間違えば別れに直結してしまう危険性があるので注意したいですね。

 

彼と喧嘩したときに絶対にやってはいけないこと

 

男性は基本的に女性よりもプライドが高いです。そして男性脳と女性脳の違いがあからさまに出るのが喧嘩。彼氏の怒りに油を注ぐような態度や言葉は慎んだ方がよさそうです。

 

彼のプライドは絶対に傷つけること

 

男性のプライドを傷つけるような言葉は絶対に言ってはいけません。例えば、収入が低い、学歴が低い、ケチ、ダメ人間など。実際にはそうなのかも知れませんが、喧嘩中にその言葉を発することはできるなら控えたほうが良いでしょう。そのような事を言われると男性の心は本当に傷つきます。また、元カレと比べて元カレのほうが上だった、などというように他の男性と比べるのも良くありません。男性はプライドが高く、競争心が強い生き物ですから、その部分に触れることは控えましょう。

 

今ではない昔の話を蒸し返すこと

 

男性は目の前にある問題を解決したいのであって、過去に解決済みの問題をここに持ち出してほしくないのです。「あなたはあのときも〇〇だった」などの表現はできるだけしないようにしましょう。女性はとかく古い話をよく覚えていて、喧嘩になるたびに思い出してしまいがちです。特にその件に関しては既にお互いに了承しているにもかかわらず、また蒸し返すと話が余計に拗れてしまいます。終わるはずの喧嘩が長引けばお互いに精神を消耗するだけです。

 

別れをほのめかす

 

本気で彼と別れる気がないなら「別れる」という言葉を発することはやめましょう。あなたは彼から「君と別れたくない」とという言葉を引き出したいのかも知れません。しかし、喧嘩中で怒っている彼の頭では、そのように気持ちが切り替わらない可能性があります。あなたから別れを切り出せば、彼は「もう、僕とは別れたいんだね、じゃあ別れよう」となってしまうかも知れないのです。男性はそう言い出した以上、後が引けなくなってしまいます。こんな不本意な賭けまがいの失敗で別れてしまうというのはいかがなものでしょうか?

 

まとめ

 

喧嘩中はお互いが冷静に判断することができなくなっているのだと覚えておきましょう。彼も喧嘩ごときで別れるのはしのびないと思っているはずです。喧嘩になってしまったら、お互いに少し一人になる時間を作って冷静になるまで待ちましょう。その後にあなたに謝りたいという気持ちが自然に湧いて来れば、素直に謝りましょう。彼は必ず許してくれますよ。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:05月21日~05月28日

恋愛PRESSライター一覧