恋愛の終わりのサインとは?別れ間近のカップルに見られる特徴

恋愛の終わりのサインとは?別れ間近のカップルに見られる特徴


交際中の彼氏に引っかかる点があると、別れが近いのではと不安になりがちです。

実は、恋愛には終わりのサインというものがあり、それを見極めることで別れが近いかを確認できるのです。

では、恋愛の終わりのサインとは一体どのようなものなのでしょうか。

 

様々な頻度が低くなる

熱愛中のカップルはデート・LINE・電話など、2人に関わることの頻度が高くなりがちです。

一方で、それらの頻度が低くなってきたのなら、恋愛の終わりのサインと言わざるを得ないのかもしれません。

もちろん、2人がいい意味で慣れてきたために、LINEなどの頻度が低くなることもあるんですけどね。

しかし、明らかに素気ないLINEが多くなったといった具合に、内容自体が薄くなってきたのなら、残念ですが別れ間近であると確信していいでしょう。

デートが淡泊になる

過去のデートと今のデートを比べてみてください。

もしも、今のデートが明らかに淡泊になっていると感じるのなら、恋愛の終わりのサインと考えてもいいのかもしれません。


やはり、ラブラブであるうちはロマンチックなデートを実現しようと彼氏側は頑張るものです。

例えばオシャレなレストランを探したり、夜景のキレイなスポットに連れて行ったりという感じにですね。

しかし、彼女への愛情が薄れてきたら、デートも淡泊になってゆくものなのです。

お金をかけてもらう機会が少なくなる

興味のない女性にお金はかけたくないというのが、残念ながら一般的な男性心理なのです。

つまり、お金をかけてもらう機会が少なくなってきたのなら、彼氏からの興味が薄れているということです。

・奢ってもらう機会が減った
・プレゼントされることが少なくなった
・以前よりも単価の低いレストランに行く機会が増えた

といった具合に、お金をかけてもらう機会が少なくなってきたのなら、それは恋愛の終わりのサインであり別れ間近である可能性が高いといえます。

会話が少なくなる

どうでもいいような人とは、無理に会話をする必要がありませんよね。また、興味を持たれていなかったら、なかなか会話も盛り上がらないでしょう。

やはり、会話が少なくなってきたのなら、恋愛の終わりのサインであると考えざるを得ません。

もともと会話が少ないカップルであれば、全く問題はないんですけど。

しかし、明らかに以前よりも会話が少なくなってきているのなら、別れ間近だと考えるのが自然なのかもしれません。

また、褒められる機会が少なくなってきたなどという場合も、恋愛の終わりのサインである可能性が高いでしょう。

最後に

恋愛の終わりのサインについて、紹介させていただきました。

残念ながら、1回でも心が離れてしまったら、簡単には元に戻りません。

つまり、彼氏の気持ちが離れてしまったのなら、以前のようなラブラブな状態に戻るのはかなり難しいのです。

別れ間近であることを感じたら、勇気を持って受け入れることが大切です。

そして、努力が必要かもしれませんが新しい恋に向かってポジティブになるということ。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:02月24日~03月03日

恋愛PRESSライター一覧