愛されたい恋愛体質 その1 

愛されたい恋愛体質 その1 

こんにちは!神実です。

お相手に惹かれて、
最初は、「出会えただけで幸せ。好きになれたことが嬉しい。片思いでいい。」と恋をするのだけれど、

いつの間にか、
愛するだけでは、満足できなくなり、
「愛する“あの方”に愛されたい。」と思うようになる。


いつの世も“恋”は、同じ。

時代と共に生活様式が変わっても、どんなに便利な世の中になっても、
恋する心は、変わらない。

恋する心は、様式とか便利では、変えられない。


人には、向上心が備わっているから、
愛したら、愛されたいと願う。

これは、自然なことです。



愛する気持ちと愛されたい気持ちのバランスが取れているのが理想ですが、
どちらかに極端に傾いていると、恋愛が上手くいかなくなるケースが多いです。

たまたま、極端な愛したいタイプと極端な愛されたいタイプが恋したら、
ちょうど良い感じになりますが、

極端な愛したいタイプと極端な愛したいタイプでは、燃え上がり過ぎてヤケドしますし、

極端な愛されたいタイプと極端な愛されたいタイプでは、恋が始まりません。


程よく、愛したい気持ちと愛されたい気持ちを持ったハイブリッドタイプが良いのです。


でも、現実には多くの方が、どちらかに傾いている方が多いように思います。
そのように、どちらかに傾いている方の問題点と改善策について、まとめてみたいと思います。


愛されたいタイプⅠ

 

愛されたいタイプの特徴は、下記5つの原因が考えられます。
ひとつ、当てはまる方もいらっしゃれば、2つ3つ、当てはまる方もおいででしょう。

この原因が、どうして“愛されたい”に繋がっているのか?考えてみたいと思います。


 1. 幼少期からのご両親との関わり方から
 2. プライドが高い
 3. 自己愛・自己肯定感が低い
 4. 受け身が身についている
 5. 過去の恋愛経験から

 

 

年少期からのご両親との関わり方から





 “両親との関わり方”が原因といわれると、母親の愛情を受けなかったから?と想像する方は、多いかもしれませんが、そればかりが原因ではありません。男性にも女性にも多いタイプです。
色々なケースがあります。代表的なケースを掲げてみます。

 ・してほしい時にスキンシップがなかった
 ・聴いてほしい時に話を聴いてもらえなかった
 ・褒めてほしかった時に褒めてもらえなかった
 ・弟・妹の世話をしていた(両親を取られたと思った)
 ・習い事・勉強・スポーツなど厳しく教育されて甘えさせてもらえなかった

これらのケースでは、両親がいても起こりますし、必ずしも愛情を受けなかったとは、言い切れません。
両親は、愛情を注いでいても、ご自身が“欲している時に受けられなかった”ことが原因になります。
    
    ◎今、抱きしめて欲しい

    ◎今、友達とのこと、先生とのことを聴いて欲しい

    ◎今日学校で褒められたことを言いたい

    
それは、大きな出来事ならは、たった1回でも原因になりますし、小さい出来事でも繰り返すことで強くなることもあります。
知らないうちに、そういう感情・感覚が、無意識領域に刻まれていくのです。

それが、いつの間にか“自分は、愛されていないんじゃないか?”という感情・感覚になってしまい、愛されたいという想いが強くなる。



(1)実はこのタイプが1番多い
 

この世に生まれてから、最初に一番深く関わる大人は、両親です。
そして、十数年から二十数年間、ずっと関わり続ける方が、ほとんどだと思います。
そういう中で何も起こらないはずはないのです。

皆さん、何かしらあると思います。



たった1回の大きな出来事。
繰り返す小さい出来事。

大きな出来事か小さな出来事とは、出来事の大きさではなく、感情の動きの大きさです。
その出来事から、どう感じて、どう消化したか?

それが、心にどれ程影響したかによって、軽く受け止めた方、重く受け止めた方。
ここに個人差が出てくると思います。

 

(2)どのような対象法が良いか


これは、根が深いので、ひとりで簡単に乗り越えられないケースもあるかと思いますが、
ご自身を浄化することをやってみてください。

例えば、

 ・ご自身の経験と重ねられるような映画を観て泣く(お勧め!)
 ・ぬいぐるみなどに当時のご自身を投影させて、ゆっくり話を聴いてあげて癒す
 ・ご両親と当時の思い出話をして、どういう心境だったのか尋ねてみる

これらの効果は、過去の出来事を再設定することで、過去をやり直すのです。

実際には、時間は巻き戻せませんし、やり直すことはできませんが、
その出来事が持つ意味付けを変えることができます。

意味付けが変わることで、嫌な出来事だったことが、良い出来事に変わる。
すると、無意識領域にある何かが変わるので、ご自身の全てのことに影響があります。

もちろん、恋愛にも。
強すぎる愛されたい体質にも改善される程の影響があるでしょう。


「2.プライドが高い」からは、「愛されたい恋愛体質 その2」にまとめました。
「愛されたい恋愛体質 その2」も読んでくださいね。

神実でした。

ライタープロフィール
神実
神実
恋愛・結婚を通してふたりで生きる意味。この世でふたりが出会った意味・使命がわかるヒントを、また、パートナーに出会えていない方には、パートナー探しのお手伝いになるヒントをお伝えしたいと思っています。

週間ランキング

集計期間:07月17日~07月24日

恋愛PRESSライター一覧