愛や絆は自分で育てていくもの、先を急がずゆっくりと確実に

愛や絆は自分で育てていくもの、先を急がずゆっくりと確実に

 

今の彼と初めて出会った時あなたは何を感じましたか?もう覚えていないかもしれませんね。どんなに素敵な出会いをしても、どんなに大好きだった相手でも、時間の経過とともにあの頃のドキドキ感が薄れていってしまうものです。

中にはあんなに大好きだったのに、今はなんとなく惰性で付き合っているだけという声も聞こえてきそうです。それどころか彼の嫌な部分ばかりが気になって不満や文句ばかり言ってはいませんか?せっかくお互いに好きになって始まった恋。中途半端のまま不満を抱えているのはお互いに嫌ですよね。今回はそのように関係が停滞ぎみのカップルのために、二人の関係をこの先もゆっくりと確実に恋を育てていくための考え方について解説していきます。

 

愛や絆は自分で育てていくものです

 

二人の愛を深めるためにはあなたから働きかけることが大切です。自分から愛を育てていくにはどうしたら良いのでしょうか?

 

自分の欠点を素直に受け入れる

 

あなたは自分の欠点を知らないかもしれません。でも、もしかすると彼の方から「君の〇〇なところを直して欲しい」とリクエストされたことがあるかもしれませんね。そんな時は「でも、あなたの〇〇なところも…」などと反撃するのを止めて、そうか自分のその部分が彼を困らせていたんだと素直に受け入れるようにしましょう。彼に欠点を指摘されるのは辛い事ですが、彼があなたにリクエストしてくる理由は、あなたのことを好きだからに他なりません。

 

お互いに一人になる時間を作る

 

何をするにも、どこへいくにもいつも彼とベッタリ。仲がいいからそうしているのでしょうか?それとも相手に対して不満がありながらもそうなってしまっているのでしょうか?いずれにしてもたまには彼を解放してあげることが大切です。お互いに一人の時間を持って、自分の好きなことに没頭したり一人で色々なことについて考える時間が必要です。そうすることによって、相手に対していつも新鮮な気持ちで付き合うことができます。

 

やっぱり感謝の気持ちは忘れない

 

いくら恋人同士でも、やってもらって当たり前ではありません。彼が何かしてくれたら「ありがとう」と感謝の気持ちを述べると共に、何をしてあげたら彼を喜ばす事ができるかな?と常に考えて、彼を大切にするという気持ちが大切です。たまには彼にサプライズを仕掛けてみましょう。いつもあなたのことを愛してくれている彼に感謝の気持ちを込めて。

 

愛を育むために焦る必要はない

 

例えば、今現在の彼との関係がなんとなくしっくりこないという時期を迎えているかもしれません。でも二人の愛を育んでいくために慌てる必要はありません。少しずつ丁寧に関係を築いていけばいいのです。例えば、彼の悪い部分ばかりに目がいくようになって辛いのなら、彼に感謝できる部分はどこかを探してみましょう。彼のその部分を褒めてあげてください。彼のいいところを褒めるなんて、出会った頃はできていたかもしれませんが、最近はできなくなっていたのではないでしょうか?それができていた頃は、きっと二人の関係はよかったはずです。急ぐ必要はありません。1つ1つゆっくりと二人の愛を育んでいきましょう。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:05月21日~05月28日

恋愛PRESSライター一覧