浮気された。怒りの感情が消えないときどうしたら手放す事ができるのか

浮気された。怒りの感情が消えないときどうしたら手放す事ができるのか

category love 不倫 浮気

 

信頼していたはずのパートナーの突然の浮気が発覚。あなたは落ち着いて対応する事ができるでしょうか?すでにお互いの仲が冷え切っている状態だと口では言っていても、いざ相手が浮気をしている事が分かった時、悲しみ・苦しみ・怒りなど様々な感情が沸き起こってくるものです。

浮気された時は相手に対する怒り、自分自身の悲しみなど、いろんな感情があちらこちらに飛び火します。今回はパートナーに浮気された時、特に怒りの感情が消えない時にどのように対処したらいいのかについて解説していきます。

 

パートナーの浮気に怒りの感情が消えない時の対処法

怒りの感情はあなた自身の普段の生活に様々な影響を与える事をご存知でしょうか。怒りの感情との向き合い方がわからないという声もたくさん頂いています。どのような対処法があるのでしょうか?

 

相手に怒りの矛先を向ける

 

あなたという存在がいながら黙って浮気したのですから、当然相手が悪いに決まっていますよね。大好きな相手だからこそ、悲しいし腹も立ちます。たとえ相手が謝ってくれたからと言って、早々簡単に感情がおさまるというものではありません。

 

相手を責めてしまう事でしょう。責められた相手も罪悪感もあり「ごめん」と謝り続ける以外にないかもしれませんね。責め続けすぎると逆に相手の心が折れてしまう可能性もあります。しかし、相手を責め続けて「ごめん」という言葉を引き出したところで、あなたの怒りの感情は本当に収まるのでしょうか?

 

自分自身への怒りとしてみる

 

怒りの矛先を自分以外の相手に向けていると、実はいつまでたってもその感情が収まる事はありません。一時的に収まったと思っても、何かの拍子にまた表面上に現れてくるのです。

 

そんな怒りの感情の対処法として一番の近道は「この怒りの感情は自分に対して怒っているんだ」という視点で見ていく事です。相手が浮気をした理由は自分に非はなかったかについて考えてみるという事。浮気は心の隙間に入り込むものです。二人は付き合っていたのですから、相手の心のどこかに寂しさや隙間風が吹いていた事に気づかなかった自分はどうでしょう?

 

そのように自分は彼にどのように接していたのか?自分は彼の気持ちを理解できていたのかな?そのように怒りの矛先を自分に向ける事によって、反省の気持ちが湧き上がってくるのを実感する事ができるでしょう。そうなってくればしめたもの、後は自然に自分の怒りの感情が収まっていくのがわかるはずです。

 

現象をポジティブに捉える

相手の浮気で心に傷を負ったのに、それをポジティブに受け止めるなんてできない!そう思う人もいるかもしれません。しかし、世の中には「雨降って地固まる」ということわざがあるように、実際にそのような出来事が起こった後に、お互いの本質を知る事が出来たと言って、さらに愛情が深くなっていくカップルがいます。

 

相手が自分にとってどれだけ大切な存在だったのか、ということに気づくきっかけになったという意見もあります。そんなに大切な相手を、怒りの感情で攻め立てる事はもはやなくなってくるでしょう。

 

まとめ

 

浮気や不倫はそこに関わった人、全てが辛く悲しい気分を味わう事になります。現在のパートナーとうまくいっていない事を理由に他の誰かに心が動いてしまう…そのような事がないとは言いませんが、いずれにしても自分自身の一時的な感情に振り回されるのだけは避けたいですね。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:10月09日~10月16日

恋愛PRESSライター一覧