浮気相手と別れてくれない夫に対して自分の気持ちを伝える方法

浮気相手と別れてくれない夫に対して自分の気持ちを伝える方法


夫が浮気をしていたら、別れてほしいですよね。しかし、どのように自分の気持ちを伝えるべきか、なかなかわからないものです。

結論から言いますと、まずは夫から自立をして、正直な気持ちを伝えることが大切なのです。

 

夫に依存していないことが大切

結婚しているとはいえ、夫に依存していたら、妻の意見の説得力は薄まってしまいます。もし、夫なしでは生きられないような状態であるのなら、それを改善してゆきましょう。

浮気相手と別れてもらいたいのなら、正直な気持ちを伝えるべきなのですが、それ以前に自立をしていなければいけないのです。

 

夫に依存してたら、気持ちを伝えても響かない

 

夫に依存している状態で、浮気相手と別れてほしいことを伝えても、夫は真剣に受け止めないかもしれません。


「どれだけ遊んでも妻は自分なしでは生きられないから離婚はない」などと思われて、今後も浮気を続けられる可能性は高いのです。


夫に依存しているということは、立場上は妻が下にいる状態とも考えられます。そのような状態で、浮気相手と別れてほしいことを伝えても、なかなか改善されにくいのです。

 

まずは自立しよう

 

この場合の自立とは、夫の力なしでも生きてゆける状態のことです。もし、浮気相手と別れてもらいたいのなら、1人でも生きられる状態になりましょう。


例えば、完全に夫の収入に頼った生活をしているのなら、その状況から脱却することが大説なのです。


極端な話ですが、現在は専業主婦であっても、すぐに働いて独り立ちできる状態であれば、自立していると言えるでしょう。

 

離婚も視野に入れておく

自立しているということは、仮に離婚しても生きてゆけるということです。実際に、浮気相手と別れてくれないのなら離婚するくらいの覚悟でいるからこそ、自分の気持ちを伝えるときに説得力は増すのです。


やはり、妻から離婚を告げられないことを確信していたら、「何をしても許される」と夫は思いますからね。一方で、「離婚されるかもしれない」と夫が思ったら、浮気している現状を真剣に考えることでしょう。

 

自立をしている状態で、正直な気持ちを伝えよう

 

自立することができたら、いよいよ浮気相手と別れてもらいたいことを伝えるときです。とは言え、難しく考えることはなく、正直に自分の気持ちを伝えれば問題ありません。


「浮気相手と別れてほしい。もし別れなかったら離婚も考えている。」くらいの強い気持ちを伝えてもいいでしょう。


もし、夫が妻のことを第一に考えているのなら、浮気相手と別れるという選択を取るはずです。

 

最後に

 

浮気している夫としては、妻との関係を維持しつつ、浮気相手との関係も維持したいと思っているものです。そして、夫に依存している以上、浮気相手と別れなくても問題ないと思われているものなのです。


だからこそ、妻であるあなたが自立して、離婚してもいいくらいの態度でいることが大切です。そうなることで、夫は離婚されるかもしれないと思い、浮気している現状について、真剣に考えるようになるものなのです。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:02月19日~02月26日

恋愛PRESSライター一覧