男女のすれ違いミステリーは愛情表現の違い

男女のすれ違いミステリーは愛情表現の違い

女性はよくこんな不満の声を口にします。

 

「付き合い始めた頃は優しくしてくれたのに最近さっぱりよ。

 

なんだかもう私のこと愛してないみたい」

 

二人の関係が始まったばかりのころは、積極的に愛情表現

 

してくれた相手が、時間がたつにつれて消極的になり、

 

ついには受け身になってしまったことを嘆いています。

 

男性は、そんなベタベタした愛情を表さない。むしろ

 

その逆です。

 

男性もまた同じように不満を抱くようになります。

 

知り合ったばかりの頃の彼女は自分のすべてを受け入れ

 

何事も好きなようにやらせてくれたのに、だんだんと注文

 

が多くなり、怒りっぽくなってきた。

 

このような行き違いのミステリーは、男と女の愛情表現

 

の違いを理解したときはじめて解けます。

 

では、男性が積極的に愛情表現をしない主な理由は

 

5つあります。

 

 

では、早速行き違いミステリーについてお話します。

 

◈①男性は「公明正大」を理想と考える

 

男性は仕事にエネルギーを注ぎ込み、50点満点の努力

 

だと考えています。だから、帰宅してからは何もせず、

 

ふんぞり返って妻が自分と同じように50点のサービス

 

をしてくれるのをひたすら待っています。

 

彼の考えでは、それが公平であり、愛情あるやり方

 

と言うことになります。

 

彼は、妻の点数を自分の点数と同等にするために、

 

彼女に50点分の仕事をする時間を与えてると思って

 

います。

 

◈②女性は「無条件の愛」を理想と考える

 

女性は、なるべく相手の男性に尽くそうとする。

 

そして、自分が疲れはて、空虚な気持ちに襲われた

 

時になってはじめて、自分が彼から何もしてもらって

 

いなかったことに気づきます。

 

女性がさも幸せそうな様子見せながら、かゆいとこまで

 

手が届くように男性の世話をやいていると、彼はごく

 

当然のように受けとります。

 

もし、あなたがこれからもっといろいろなことを

 

してもらおうと思うなら、波風がたたないように

 

彼に尽くすのを止めてしまうことです。

 

◈③男性は求められたときに、はじめて救いの手を差しのべる

 

男は、何事も独力で切り抜けていく自分にプライドを

 

持ちます。したがって、相手から頼まれもしないのに

 

自分から勝手に救いの手を差しのべていくことなど

 

マナー違反と考えます。

 

女性はこれと正反対、頼まれもしないのに進んで他人

 

の世話をしたがる傾向があるます。

 

こうした相違点も、男女双方が心得ておかなければ

 

ならない要素です。

 

 

◈④女性は、たとえ不服な点があっても「YES」と言う

 

男性の望むことに女性が喜んで同意するからといって、

 

それがそのまま彼女が、同じように望んでいるかと言えば

 

大間違いです。

 

彼の要求に対して、不服なときは「YES」と答えるのを

 

止めるべきです。控えめに彼にして欲しいことをきちんと

 

要求しましょう。

 

◈⑤本当に執念深いのは男の方である

 

男性は、自分が相手から拒絶的な態度をとられると

 

それをペナルティとして減点しますが、女性には

 

その事が理解できません。

 

そして、男性には、罰を加える傾向があることも

 

覚えておきましょう。もし自分が、原因で愛の点数を

 

減点してしまったと気づいたときは素直に謝りましょう。

 

男性は、自分が相手から愛されていることを確認

 

できれば、罰則点の運用はすぐに止めるでしょう。

 

 

◈まとめ◈

 

男性と女性の愛情表現の違いについてお話してきましたが

 

お互いを理解することは難しいです。

 

でも、諦めてはいけません。女性が心を開き、素直な気持ち

 

になって丁寧に感情を伝えていけば、男性もまた心を開き

 

彼の傷と痛みを打ち明けてくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライタープロフィール
サラスバティ
サラスバティ
龍神様のご加護を得て皆様の心によりそうサプリとなり、自分らしく生きる道をお伝えしたいです。

週間ランキング

集計期間:07月19日~07月26日

恋愛PRESSライター一覧