社会人になると告白しないで付き合い始めるのはなぜ?

社会人になると告白しないで付き合い始めるのはなぜ?

 

そういえば、今の彼と付き合い始めた頃、彼からの告白がなかったな〜、それでも現在まで恋人として続いている。よく考えてみるとどこから付き合い始めたのかのラインが引けない…。社会人になってから付き合い始めたカップルは「好きです、付き合ってください!」などという、告白という行為が省かれている事が多いのです。

 

今回の記事では、大人の恋が始める時、告白が抜けてしまう理由について解説していきます。もちろん中にはしっかりと告白という儀式を終えて付き合い始めるカップルもいるのですが、そうではないカップルが殆どなのです。

 

大人の恋はなぜ告白なしで始まるの?

学生の頃は「告白」してから恋愛が始まるのが当たり前でした。大人になると省かれてしまうのは、何か理由があるのでしょうか?

 

恋人という責任を持つ必要がない

 

実際に彼氏、彼女という恋人どうしになってしまうと、今までの人間関係が崩れてしまう場合がありますよね。大人になると、新しい彼と出会う以前から長く友人として付き合っている気心の知れた異性が一人や二人いるものです。ところが、後から知り合った男性と恋人同士になってしまうと、その関係が気まずくなってしまう事も。今まで気楽に連絡を取り合っていたり、時には一緒に旅行などしていたかもしれません。それが、恋人ができた途端にぷっつりと連絡を取らなくなるのも寂しいものです。どうせなら、あいまいの関係のままにしておいて、自由に遊んでいるほうが精神的に楽、という考え方もアリなのかもしれません。

 

異性の友人のままでいい

 

告白をすることによって、今までの二人の良い関係が崩壊するかも知れないというリスクがあります。特に告白しなくても、お互いに他の異性と付き合うこともなく、楽しく過ごしてきた場合、今更わざわざ恋人同士ということを認識する必要もないと考えているのかもしれません。異性の友人というよりは、もっと近しい関係になっていたとしたら、なおさらの事。告白などしなくても、既に恋人同士と変わらない付き合いになっているのでしょう。

 

一々言葉にする必要がない

 

大人の恋愛の場合、お互いが好き同士であることはわかっている事も多いでしょう。そんな時は飲みに行った帰りにそのまま肉体関係に発展する事も。それは、お互いが納得した上での事なので、イコール恋人という事になります。わざわざ言葉にして告白などしなくても、肉体関係になった事ですでに恋人同士という認識になります。その後、自分たちの関係性を相手に聞くまでもない、といったところでしょう。

 

大人の恋に告白は必ずしも必要ではない

大人になると、なんとなくお互いの空気が読めるようになってきます。相手が自分に好意があるかどうかは、学生の頃よりも格段に鋭い感覚でわかるはずです。そのため、わざわざ告白をする必要はなく、強いていうなら、相手の気持ちを理解する事が大切になってきます。

 

告白するよりも、空気をよんで態度で表す方が大人っぽいですよね。高価なプレゼントを渡したり、美味しいお店に連れて行ってもらったり、その後、ロマンチックな雰囲気になればキスもあるでしょう。そして気が向けばそのままホテルへ…という事もあるでしょう。

 

大人なのですから、ここまでの行動の中で相手の事が特に好きでなければ、きちんとお断りする事ができるはずです。好きでもない相手とずるずると肉体関係を持ってしまうのは問題ですが、好きな相手とそのような関係になってもOKという事は、そこからは言葉にしなくても恋人同士の付き合いが始まっていると考える方が自然ですよね。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:10月12日~10月19日

恋愛PRESSライター一覧