絶対に妥協したくない?結婚に夢見る乙女の罠

絶対に妥協したくない?結婚に夢見る乙女の罠

婚活を頑張る女性の中には、婚活の沼にハマってなかなか抜け出せない方も少なくありません。
昔は自然と人を好きになったり、恋愛できていたのに、いざ婚活となるとなぜか上手くいかない。どうやって人を好きになっていたか忘れてしまった、気になる人となかなか進展しない、などその悩みはさまざまです。
そこで今回は、そんな婚活に悩む女性がハマりやすい沼と、そこから脱却するためのちょっとした秘訣をお伝えしていきたいと思います。

条件にこだわりすぎて沼る

恋人探しなると好きになった人と自然にお付き合いをするという流れが一般的だと思います。
しかし婚活となると、やれ年収はどうか、やれ学歴はどうか、と何かと条件ばかりに目を向けてしまう女性は多いようです。
しかしちょっと待ってください。もし高学歴、高収入でスマートな男性が独身のままだとしたら、それらの好条件を打ち消すほどの『結婚していない理由』があるということです。
諸々の条件で期待が膨らむ分、モラハラ気質、空気が読めない、自分の趣味に没頭しすぎる、などガッカリさせられてしまう一面があることも少なくありません。

 

良い人だけど生理的に無理で沼る

婚活中の女性は、いざ男性と顔を合わせた際すぐにこの人と交際できるか否か、という局面まで考えがちです。本能的に種を撒き散らしたい男性と違い、種を選びたいと思うのが女性。そんな女性にとって好きでもない男性と会ったその日に男女関係になることは想像し難いものです。
この人とは恋人になれそうにないな、と好きになる前から相手を見限っていませんか。
男性としてどうか、を見る前にまずは人間として好きになるところから始めると、自然と男性らしい部分に惹かれていくかもしれません。

 

なかなか結果が出ずに沼る

何度も合コンに行ったり、婚活パーティーに行ったり、マッチングアプリで会ったりを繰り返しているのにも関わらず、なかなか良い人に出会えないと焦りますよね。
しかし学生時代を思い返してみてください。クラスで素敵だなと思う男子はせいぜい1人か2人だったはず。そしてその素敵男子たちはすでに既婚者になっているとすれば、婚活市場で好きな人ができる可能性はかなり低いのです。

そうなれば大切なのは数。一人一人を厳選するよりも同時進行して何人にも会ってみてください。なかには無駄な時間だった、と思える男性もいるでしょう。しかし母数を増やすことで素敵男子に出会う可能性は高まります。まずは行動あるのみ、ですね。

 

一人に執着しすぎて沼る

婚活市場でようやく素敵な出会いがあったとしても、その出会いに執着しすぎるのはよくありません。
友達同士から恋愛に発展するパターンは別ですが、一般的に男女が知り合ってから相手を付き合いたいかどうか見定める期間としてのデートは、4回までが理想と言われています。
つまりは4回デートして相手から告白などのイベントがなければ、それ以上はキープされている可能性が高いのです。
何度も会っているのに進展しない場合は、早々に見切りをつけてしまった方が次に進みやすいのかもしれませんね。

 

妥協せずとも恋愛はできる!

人が人を好きになるのに妥協という言葉は全く必要ありません。条件にこだわればこだわるほど、結婚がゴールになってしまい結局上手くいかないことも。どんなに強いこだわりも、恋をすれば気にならなくなるはず。まずは条件を絞らずに、人間性、自分との相性などから自然な恋愛をすることを心掛けてみましょう。

ライタープロフィール
安本丹
安本丹
『不倫の何がいけないの?』著者。
こちらが、本の紹介、公式URLになります。
https://life.gentosha-go.com/ud/books/5f485eec77656158f0000000
妻になっても、母になっても、一人の女性として、いつまでも恋の花を咲かせていたい。
恋愛に悩む全ての人へ、少しでも前向きになれるようなメッセージをお届けできたらと思います。

週間ランキング

集計期間:04月17日~04月24日

恋愛PRESSライター一覧