貢ぐ女を脱却!貢がれる女になるには?

貢ぐ女を脱却!貢がれる女になるには?

恋愛をすると、いつも貢ぐ女になってしまう。最初のうちは男性に多く払ってもらえたデート代がいつしか割り勘になり、ふと気づくと、払うのは自分ばかりになっている。

プレゼントもあげるばかりになっている。

果てには、お金を貸すようになっていたり、貸したお金が返してもらえなかったり・・・。

そんな貢ぎ体質を抜け出しませんか?

 

貢がれる女性のここを参考に

貢ぎ体質を抜け出すためには、それとは真逆の、貢がれ体質の女性を参考にするのが早道です。

さらりと貢がれるタイプの女性、あなたの周りにもいませんか?

その共通点をあげてみます。

 

◎肌や髪のお手入れが行き届いている

肌が荒れ気味だったり、髪がのびっぱなしだったりすることがなく、きちんと手入れされていることが感じられる。つまり、自分に手をかけている。

 

◎服装や持ち物にお金がかかっている(と見える)

ブランド品とは限らないが、着ている服やアクセサリー、バッグなどが上質で、存在に高級感が漂う。

 

◎言動や振る舞いに自信が感じられる

「私なんて・・・」といった言葉は決して使わない。自分自身に自信を持っていることが端々から伝わってくる。

 

◎ほめ上手、甘え上手

相手をほめて、いい気分にさせる。「あれ食べたいな」「これほしいな」など、甘えるのもうまく、それを聞いてあげたい、甘えられてうれしいという気分にさせる。

 

◎お礼がうまい

おごってもらったりした時は、「ありがとう」をちゃんと言う。「おいしかった」「楽しかった」「うれしい」という言葉をうまく添える。

 

◎絶妙なタイミングでお金を出す

いつもおごられっぱなしではなく、時には「今日は私が払うね」と言う。そのタイミングが絶妙かつ払い方がスマート。

 

自分自身のここをチェック

以上のことから、貢ぎ体質を自認する人は次の3つをチェックしてみましょう。

 

◆自分を大切にできているか

肌や髪、あるいはメイクに手を抜いていたり、服装や持ち物に気を抜いたり適当に済ませたりしていませんか?

それによって安い女に見られてしまうと、安い価値しかない女ととられてしまいます。

あれもこれもにお金をかけることができなくても、これはというところでケチらず、自分を大切にすることで、価値を高めることができます。

 

◆自らお金を払っていないか

ついつい自分から率先して支払いをしていませんか?

そうさせられていると感じていても、実は自分がそう持っていっていることが結構多いのです。

そうこうしているうちに、相手は払ってもらうことに慣れてしまい、それが常態化。人間は楽な方に流されていきがちですから、どんどんエスカレートしていきます。

お金の払い方は、ちゃんと気を遣っているという効果的な印象を残せるようなタイミングを見極めましょう。

 

◆お礼がちゃんと言えているか

「ありがとう」をちゃんと言っていますか?

そんなの当たり前でしょ?と思うかもしれませんが、意外にこれができていない人がいます。

無意識のうちにそれを怠っていると、こいつのためにお金を使いたくないかも・・・?という気分にさせてしまいます。

お礼を毎回、きちんと言うことは必須です。

 

大切にされていると感じたい!

若い世代では、デート代は割り勘が当たり前という時代です。

女性も男性も同じように働き、収入を得るようになってきた中では当然ともいえますが、それでも、男女間のお金のバランスは、大切にしてくれているかそうでないかのモノサシになり得るもの。

どうせなら貢ぐよりも貢がれて、大切にされていると感じたいですよね。

貢ぐことに幸せを感じる根っからの貢ぎ体質の人もいますが、そうでないなら、貢がれ体質の女性を参考に自分を見つめ直すことで、きっと変われるはずです。

ライタープロフィール
錦恋
錦恋
積み重ねてきた経験から、失敗もたくさんしながら、見えてきたことがあります。恋に、愛に、悩める皆さまの幸せを心より応援します。

週間ランキング

集計期間:01月28日~02月04日

恋愛PRESSライター一覧