浮気をしないために。大切な〇〇!

浮気をしないために。大切な〇〇!

恋愛中とはとても幸せな時間です。しかし、真剣に相手を想えば想う程、浮気の心配は常に付きまとうのは何故でしょうか。
そもそも浮気の原因とは、どこにあるのでしょう。自分に原因があるのか?相手に原因があるのか?関係性の築き方に原因があるのか?割合の高い低いはあれど、3つの全てに可能性はあるでしょう。
今回は、浮気とは何かを考え、原因と向き合い方を考察します。

 

 

・浮気の正体とは

 

結論から言えば『依存症傾向』がありストレスや不安を抱えがちな人にとっては、現実逃避の手段の一つとして浮気に繋がる可能性はあるでしょう。要するに、浮気とは“依存性の一種”なのです。ここで注目すべきは、自分や相手の中の『依存症傾向』がある事に気がつけるか?という事です。
そして、対処方法とは“自己肯定感を持ち、自身で意思決定ができること”なのです。

 


・浮気をしない自分になるために

 

 

残念な事に『依存症傾向』を全く持たない人は、今の現代では存在しないのではないでしょうか。ゲーム、スマホ、お酒、タバコ、ギャンブル、美容、ダイエット等の『依存症傾向』を刺激する要素が沢山あるからです。浮気もその一つの要素です。『依存症傾向』を持つ人が必ず浮気をするとも限りませんが、依存の該当要素が多ければ当然、可能性は高くなるでしょう。

対処方法は様々ありますが、一番お勧めなのは『自己肯定感』を高める事です。そうする事で自分で意思決定やコントロールが可能になるため、自分の望む人生が生きやすくなります。
『自己肯定感』を自覚するための具体的な方法5つを紹介していきます。
1.依存と趣味の違いがわかる
2.自分へのご褒美を決められる
3.自分の意見を誰かに発信する
4.相手によって意見の内容を変えない
5.約束やルールは守る

 

・浮気をしない相手であるために

 

いくら好きな相手であっても、一人の人間です。その人の思考や価値観を否定せず、パートナーとして尊重して応援する姿勢をお勧めします。なぜならば、その気持ちこそがお相手の『自己肯定感』を育てていく事に繋がるからです。しかし、もしお相手に間違っている点や、度を越している点を見つけた場合は「自分は違うと思うよ」と、きちんと自分の意見が言えるあなた様であってください。なぜならば、それはお相手の『依存症傾向』を断ち切る事に繋がるからです。


・浮気をしない関係性になるために

 

『自己肯定感』を持ちつつ信頼し合えるような関係性が築く事ができれば、お互いの関係性も楽しくいられるでしょう。
他には、コミニケーションの一つとして浮気についての考え方を話し合える機会があるといいでしょう。最悪のケースをイメージして、共通認識を持つ事に意義があります。

 

 

 

・まとめ

 

よくメディアでは、浮気について面白おかしく騒ぎ立てます。大袈裟に伝えるばかりで、真実はどこにも無いのです。それに、浮気はパートナーシップを築く上では、よくある試練の一つに過ぎません。

文章で理屈を伝えるのは簡単ですが、長い人生です。理解はしていても『自己肯定感』の均衡が崩れる事はいくらでも起こり得ます。そんな時は、感情的に衝動的にならないでください。そして、大切な人がガッカリしている姿を少しでも想像できる、余裕のある賢いあなた様であってください。

ライタープロフィール
ちゃんくま
ちゃんくま
音楽や心理学や絵を描く事が大好き。
歌って悟れるイラストレーターになりたいな…と思っているいい大人です。

週間ランキング

集計期間:09月21日~09月28日

恋愛PRESSライター一覧