始めませんか?彼を導く艶メイク

始めませんか?彼を導く艶メイク

category 恋に効く♡

1)艶=惑わせるもの

 

こんにちは。

惹庵です。

 

 

突然ですが貴女は、メイクする事はお好きですか?

メイクって、何の為にするものだと思われますか?

 

大人女性の嗜み?

 

仕事でお会いする方に、失礼にならない為?

 

色々理由はありますが、「大人女性」の為の恋愛pressとしましては、そんな大分名義、捨てしまう事をご提案したいと思います。

 

 

「では一体、何の為?」

 

無論下品にならない程度に手加減は必要となりますが、ここはやはり

 

「恋する人に触れさせるため」

 

 

一択でいきたいものです。

 

 

彼の眼を惹く。

 

 

つい、触れてみたい と 惑わせる。

 

 

私達はもう 大人なんですもの。

 

どうせなら、好きな男性の指先を想いながら、触れて欲しい場所を色付かせてみましょうよ。

 

 

 

2)艶=触れさせるもの

 

 

となると、必要なのは

 

じゅわん

 

と潤う「艶感」です。

 

 

カサカサなんて、無論 論外。

 

 

保湿には 是非 力を入れて頂きたいものです。

 

 

優雅に 丹念にケアをして、まずはご自身の肌の感覚を呼び覚ましてみて下さい。

 

 

3) 艶=辿らせるもの

 

そして、大切なのは「血の色」です。

 

 

二人で逢って、「その先」を連想させる、上気した肌。

 

 

うっすらと 身体の奥から浮かび上がる、特別な時刻(とき)にしか現れない 愉悦の色。

 

 

ですから、遠目からでも分かる、なんて華やかな色は 必要ありません。

 

 

彼以外の方には気付かれない、欲しいのはあくまでも

 

「接近した人にしか分からない、内側から滲む朱(あか)」。

 

 

あなたに似合う色味を見付けたら、指先 若しくはブラシに採って、丹念に暈しましょう。

 

 

今、あなたが乗せている色。

 

 

それを辿って、彼の唇が降りてくる。

 

 

そう考えると、メイクの時間はとても重要。

 

「五分で終了」なんて勿体無い事を言わず、思い切り夢想を楽しんで下さい。

 

 

目元に。

 

 

頬に。

 

 

唇に。

 

 

彼の体温を感じながら、あなたの艶を 映し出して下さい。

ライタープロフィール
惹庵
惹庵
仄暗い路地を抜け、低く軋む木戸を開く。
そこにあるのは果てのない自由。
その身を縛るものは何もない。

ようこそ、我が庵へ。
大人の愉しみをごゆるりと。

週間ランキング

集計期間:11月18日~11月25日

恋愛PRESSライター一覧