林修先生が語った、本当に結婚したいと思わせる女の条件3つ!

林修先生が語った、本当に結婚したいと思わせる女の条件3つ!

林修先生といえば日本のタレントであり、予備校講師、司会者、作家でもあるマルチタレントです。
恋愛話のジャンルで結婚について語ってくれました。

 

結婚相手に選ばれるために大切なこと

林修先生いわく、

「幸せになるためには、リアルな現実を受け止めないとね!」
「ギブ&テイク精神!自分が相手に対して何を与えられるか?その代償として何を受け取れるかを真剣に考えて下さい!」

そこで、あるアンケート調査でリアルな“結婚できない女性の条件”をまとめました。

1位 理想が高い
2位 プライドが高い
3位 結婚したいと思っていない(周囲に尊敬できるパートナーシップを持つカップルがいない)
4位 シングルライフを楽しんでいる
5位 慎重すぎる
6位 決断力がない

1位の理想が高いのは、100円しか持ってないのに1000円のものを買おうとしているようなもの、だからずっと買えないでいる…と。
林先生の意見も現実も、結婚しない女性にとっては耳が痛いですね。

 

結婚したい!と思わせる女の条件とは?

では、男性が結婚したいと思っている理想の女性像はどうでしょうか?

  • ・妻として任せられる女性 ⇒ 家計をきちんと守り、料理、家事、子育て等を任せることができるか?(妻力)
  • ・家族とのつながり ⇒ 自分の母親と上手くやっていけるか?(嫁力)
  • ・必ずしも天然だからというわけではないが“守ってあげたい!”と思わせる女性(女力)

この3つの条件を満たしている女性はモテる、つまり結婚相手に選ばれやすい…が林先生の意見です。
どれも結婚生活を送る上では大切なことですね。

昔よりも家事や育児に協力的な男性が増えたとはいえ、やっぱり男性が結婚相手に求めるものは「いいお嫁さん」なのかも知れません。

 

選ばれる女は昔から変わっていない?

とは言え先に挙げた3つの条件、決して目新しいものではありません。
昔から言われて来たことで、価値観が多様化した現代では「古臭い」と敬遠されてきた考え方。
いわゆる「古き良き時代」からあった理想の女性像です。

「良妻賢母」
「家を守るのが嫁のつとめ」
「女は愛嬌」

もしかすると、男性が女性に求めるものというのは古代から変わっていないのかも知れませんね。
動物だったころの生存本能、優秀な子孫を残そうとする本能のなせる業とも言えそうです。

 

まとめ

結婚相手に選ばれるために大切な要素、「妻力」「嫁力」「女力」。
時代は変わっても、男女が結婚に求めているものはさほど変わっていないようです。
結婚を望むあなた、こんな時代だからこそ古き良き女性の姿に学んでみては?
花嫁修業も悪くないかも知れませんよ!

ライタープロフィール
中井 一(なかい はじめ)
中井 一(なかい はじめ)
恋愛、結婚、離婚問題、対人関係など、生きていく上で少しでもお役に立てるような情報をお届けできたら幸いです。

人生においての価値は幸福です。
豊かで充実した自分らしい幸せな人生を生きる事。そのために障害となる悩みや問題を改善、解消し、自分自身を最強のパートナーにしましょう。
自立した人生、恋愛、結婚は素敵です。すべてが100%納得する人生でなくても、そこに肯定的な価値を見いだして、輝ける生き方を共にしていきましょう。
⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:12月07日~12月14日

恋愛PRESSライター一覧