あなたは大丈夫ですか? ~重い女の6つの特徴~

あなたは大丈夫ですか? ~重い女の6つの特徴~

category love

「重いんだよ」

好きな人から言われたら、ショックですよね。

彼のことが大好きで一生懸命尽くしているつもりなのに

自分でも気が付かないうちに重たい存在になってしまう

そんな女性が多いようです。

自分が重い女になっていないかどうか

その特徴をチェックして確認していきましょう。

あわせて、そうならないための対策もご紹介します。

 

重い女の特徴

 

相手の予定を知りたがる

 

いつ、誰と、どこで、何をしているか

全部知っておきたいと思い始めたら危険信号。

もちろん「デートの予定を決めたいから」など必要な場合はかまいませんが

そうでないときも、全てのスケジュールを把握しようとするのはやり過ぎです。

自分の友だちと過ごしたり、一人の時間は男にとって大事なもの。

監視するような態度は、ウザいと思われるだけです。

 

連絡が多すぎる

 

用事もないのに頻繁に連絡、返事がないと何度も催促

身に覚えがあるようなら、重い女になりかけています。

基本的に、男性は女性ほどマメに連絡しないもの。

忙しかったり、疲れていたり、「見たからOK」で

悪気なくスルーすることもあるのです。

すぐに返信がないと不安になるかもしれませんが

相手の都合やペースを考ることも必要でしょう。

 

 

疑い深い

 

すぐに浮気を疑う

他の女性と関わるのが許せない

終わった話を蒸し返してまた質問攻め

どれも、典型的な重い女の特徴です。

彼のSNSをチェックしてイライラしていませんか?

彼のスマホをこっそりのぞき見たりしていませんか?

元カノに嫉妬、過去の思い出にまで嫉妬するようになったら

かなり面倒臭いと思われている可能性大です。

 

二人の仲を勝手に公開

 

2ショットやデートの写真をSNSにアップして

「私たち幸せ」「彼は私のもの」とアピール。

女子にはありがちですが、嫌がる男性も多いので要注意。

プライベートな行動や言葉を皆にさらされるのは、

結構キツいものがあるのです。

外堀から埋めていく「無言の束縛」と取られてしまうと

重い女へまっしぐらです。

 

すぐに結婚の話をしたがる

 

付き合って間もないのに、二人の将来を語ったり

やたらと、マイホームや子どもの話を持ち出すのは

男から見たら、完全に重い女。

結婚だけが目的だと感じると、男性は逃げ腰になります。

友だちの結婚式や子育ての話でさりげなくアピールしているつもりでも

その魂胆は、意外と見抜かれているもの。

焦って先走ると、かえってゴールが遠くなるので気を付けて。

 

ネガティブ

 

「どうせ私なんて」がお決まりのワードのネガティブ女子は

自分に自信がなくて、相手に依存するタイプ。

不安感が強く、彼が離れていくことを何より恐れています。

安心するために一生懸命なのは分かるけど

必死さが悪い方へ出てしまうことが多いよう。

相手にしがみついて束縛する様子を、彼は窮屈に感じるはず。

まさに重い女そのものです。

 

 

重い女にならないための対策

 

重い女の特徴が分かったところで

そうならないための対策を見ていきましょう。

 

彼以外のことにも興味を持つ

 

一日中ずっと彼のことばかり考えていると、重い女になりがちです。

恋愛が生活の中心になっていませんか?

考えすぎて思い込みが激しくなっていませんか?

一人で楽しめる趣味や、自分磨きを始めてみましょう。

仕事や勉強で目標を立てて、それを目指すのも良いですね。

あなた自身が冷静になる時間が必要です。

 

二人の距離感を確認する

 

お付き合いしているカップルでも、心地の良い距離感はそれぞれです。

最初はフィットしていても、付き合いが深くなるにしたがって

その距離が変わることもあるでしょう。

相手はどう感じているのか、確かめてみてください。

自分だけで暴走していないか、彼の言葉や態度から読み取ることが大切です。

一人で突っ走ってしまっては、心が離れていくだけです。

 

お互いの違いを理解する

 

自分にとって当たり前のことが、相手にとっては違うかも

その視点が大切です。

勝手に期待し過ぎると、思う通りにならかったときには

怒りの感情が沸いてくることもあるでしょう。

無理にコントロールしようとすれば

それが、相手にとってはうっとうしく思えるのです。

 

まとめ

 

 

大好きな人と幸せになりたくて頑張っているだけなのに

「重い」と言われてしまうことがあるなんて。

実は、「重い」と「一途」は紙一重。

自分勝手なわがままなのか、彼のためを思っての行動なのかで

相手の受け取り方が大きく違ってくるのです。

自分の気持ちと相手の気持ち、上手にバランスを取りながら

素敵な恋になるように頑張りましょう。

ライタープロフィール
Hana
Hana
「真の恋の道は、
茨(いばら)の道である」
     シェイクスピア

それでも恋はしていたい!
素敵な恋愛をするためのヒントを
お伝えしていきます。

週間ランキング

集計期間:04月15日~04月22日

恋愛PRESSライター一覧