ついていない人は今すぐやってみて! 意外と簡単にできるセルフ厄払いとは?

ついていない人は今すぐやってみて! 意外と簡単にできるセルフ厄払いとは?

お金も手間もかかりません!やればスッキリ!セルフ厄払い

最近よく聞くようになった「セルフ厄払い・セルフ厄落とし」ですが、本来は、神社やお寺で行う厄払いや厄落としを自分で行う事を言います。
その日の厄とはその日の内にスッキリとお別れしたいものです。

わたしが一番おすすめしたいのが、お風呂での厄払いです!
わたしの知り合いの占い師さんも実践しているこの方法。
実際にやってみると本当にスッキリします!まず、粗塩を一つかみ湯船に入れます。
後は、この粗塩風呂にゆっくり浸かるだけ。
深呼吸しながら30分は入ると良いでしょう。
体内の毒素も出してくれるのでデトックス効果も期待できます。
心と体がよどんだ感じがする時は、長めにお湯に浸かるのがおすすめです。

また、頭のてっぺんに粗塩をのせてからシャワーでザァー!っと勢いよく流すとサッパリ感が増します。
厄もスッキリ去っていきますよ!
体質によっては合わない事もあるので、必ず、様子をみながらお試しくださいね!
今日あった嫌な事を汗と一緒に全部流して、良いエネルギーを取り込みましょう!

 

 

寝ている間に厄とさようなら!塩と水だけでできるセルフ厄払い

風水では、体から厄を出しながら、その分の良い運を取り込んでいると考えられています。
では、寝ている間に良い運を効率よく吸収する為の方法はないのでしょうか?

実は、夜寝る前に簡単にできる方法があるんです!
ミネラルウォーターとカフェオレカップなどの大き目の器、盛り塩を用意します。
ミネラルウォーターは器に注いでおいてくださいね。
この2つのアイテムを、枕元に並べるだけ。
簡単です!

水と塩は気を浄化するアイテムで、良い睡眠へと導いてくれます。
通常はこれでぐっすりと眠れますが、なかなか寝付けない時は強力な厄が溜まっているんだとか。
そうならない為にも、厄を溜め込まず、毎日スッキリしたいですね!!

 

 

持ち塩で災難を避けてツキを呼び込む

塩には、邪気を払う、気を浄化するなどの効果があると言われています。
持ち塩は、市販のものを利用しても良いですが、簡単に作る事ができます。

まず、天然の塩を用意します。できれば日本製の、精製していない粗塩がおすすめです。
小さじ2杯程度の塩を半紙などに包んで持ち歩きましょう。
空気を通さない素材はNGなので、ビニールなどは避け、布や紙製の封筒などを利用すると便利です。

塩は定期的に交換し、水に流して処分しましょう。ずっと同じ塩を持ち歩いても効果はありません。

 

 

まとめ

今回は、身近にある塩を利用したセルフ厄払いをご紹介しました。
どれも簡単で、すぐできるものばかりです。
最近、何となく元気が出ないな~という人にはぜひ、試して頂きたいです!

わたしは入浴時に、一つかみの粗塩と好きな香りのアロマオイルを一緒に入れて、デトックスしながら新しい気をたっぷり吸い込んでいます。
毎日を幸せに暮らすには、自分自身のコンディションを整える事が大事だと思っています。
でないと、幸運が来ても気が付かない事があるんじゃないかな?と思うんです。

1日の終わりには今日の自分とお別れし、朝になったらまた、新しい自分で1日がんばる!
簡単にできるセルフ厄払いなら、自分で毎日続けられそうですね。

ライタープロフィール
hinata
hinata
大きい息子2人と3人暮らし。
逆境多目の人生を楽しみながら生きる40代。
小学生の頃からタロットを始めました。
ライター、和紙の花クリエイター、古民家レンタルスペース企画運営。
いろんな事をやりながら、料理ブログやエッセイを書いています。
「ま、いいか」と「大丈夫」を自分の言葉として、日常を生きる日々。
占いは、石井ゆかりさんとジョナサンケイナーさんが好きです。
⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:12月11日~12月18日

恋愛PRESSライター一覧