ひと夏で終わる恋の特徴5

ひと夏で終わる恋の特徴5

category love

 

「夏の恋」。

貴女は、「ひと夏の恋」というものを経験した事はありますか?

夏の間、花火が打ち上がったように盛り上がった恋も、夏が終わると一瞬にして冷めてしまう…。

そんな短命に終わる「ひと夏の恋」の特徴をお伝えしたいと思います。

 

 

 

「ひと夏の恋」なぜ早く終わってしまうの!?

 

☆デートをしすぎてしまった

 

「夏の出会い」に多いのが、デートをし過ぎてしまうパターンです。

頻繁にデートを重ねてしまうと、早々に飽きがきてしまいます。

結果、秋になる頃には、お別れ…なんて事になりかねません。

そうならない為にも、デートの間隔は「ほどほど」にしましょう!

「会いたい!」気持ちを我慢して、会わない日を作るんです。

そうする事で、お互いに「早く会いたい!」という気持ちになり、長続きしますよ!!

 

 

☆夏は日照時間が長く気分がハイになりやすい

 

脳内の神経伝達物質であるセロトニンは、太陽の光を浴びるとよく分泌されるようになります。

陽に当たる時間が、必然的に長くなり、脳内の幸福ホルモンであるセロトニン物質の量が安定しやすいのです。

その為、気分が他の季節に比べて高揚しやすいのは事実。

これによって、積極的に外に出かけたり、活動しようという気持ちになることも。

アクティブに活動出来るモードになりやすく、出会いのきっかけが増えたり、人との会話が弾んだりする事にも繋がる…と考えられます。

 

 

☆開放的になっていた、と気付き短命に終わる

 

冬から夏。

季節が変わるとエサの確保や生殖のために

活動的になって動き回る…という本能的なものから、

開放的な気分になります。

夏が過ぎると、活動が鈍くなる為、開放的になっていた、と気付き、恋が短命に終わる、と考えられます。

 

 

☆寂しさを埋めるために付き合っていた

 

夏が来る前に、

「楽しい行事の多い夏に恋人が居ないのは寂しい」という気持ちから、新しい恋を初めたりしてませんか?

夏に恋人が欲しくなる気持ちは、とてもよく分かります。

しかし、寂しさを紛らわせる為に、新しい恋を始めてしまっては、危険ですよ!

長く付き合っていきたい、と思うのならば、軽い気持ちで恋愛をスタートしないように…!

 

 

☆価値観を合わせていた

 

夏の開放的な気分から、つい、相手に合わせるだけの自分になっていませんか?

彼とのお付き合いを長くしたいと思うのであれば、彼の考え方や価値観を取り入れつつも、自分らしさを失わないようにする事で、「長い時間一緒に居たい!」と思われるような女性になってくださいね!

 

☆まとめ

 

「一夏の恋」。

夏は、海水浴・花火大会・お祭り・ドライブetc…イベントが盛り沢山ですね!

だからといって、「イベント事てんこ盛り」にし、普通のカップルが、二年で行う事を一夏でやりきってしまうと、夏が終わったころには、恋も終わり…という事になりかねません。

一気に熱し、一気に冷める…そんな危険を回避するためにも、ゆっくりと思い出を増やしていく事で、長いお付き合いに繋がると思いますよ!

大好きだから「会いたい!」気持ちをグッと抑えて、距離感を上手く取り、ラブラブを維持して下さいね!

 

 

⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:11月05日~11月12日

恋愛PRESSライター一覧