セフレなのにレス!?抱かれなくなる女性たち

セフレなのにレス!?抱かれなくなる女性たち

category love 心離れ

 

セックスレス…それは長年付き合うカップルや夫婦達にとって切っても切り離せない問題です。

調査によると今や日本の夫婦の約半数がセックスレスという統計も出ており、まさに重大な社会問題とされる少子化にも拍車をかけているとも言われています。中には夫婦共に子供が欲しいのに行為がない人、また何故かセフレとまでレスになった人までおり、セックスレスに悩む人口は日々増加傾向にあります。今回はそんなセックスレスに悩む女性たちに焦点を当て、レスに陥りやすい女性の言動などを分析していきたいと思います。

 

レスだからといって下着を新調

セックスレスに悩む女性がまずやりがちなのが、セクシーな下着を新調すること。しかしよほどの下着フェチ男性でもない限り、いくら下着を新しくしたとて気持ちまで新しくはなりません。
もちろん男性には好みの下着等はありますが、古い下着がマンネリやレスの原因だと思うのはやめましょう。

 

セックスをする日を決める

特に妊活に励むカップルが陥りやすいレスの原因の一つです。排卵日を意識したセックス、またセックスレスにならないためにゴミ出しのごとく曜日を決めたセックスなど、男性にとって快楽を求めるはずのセックスを義務化されるほど興醒めすることはありません。あくまでもセックスはお互いが求め合った時にするもの、という原点に立ち返りましょう。
妊活に縛られてセックスそのものが苦痛になってしまっているのなら、いっそのこと快楽のセックスと妊活を分けてしまうのもいいでしょう。セックスはセックスで楽しみつつ、妊活はクリニックの手を借りるのも、義務化するセックスを避ける方法の一つです。 

 

いつも受動的なセックスをしている


セックスレスに悩むカップルの中には、そもそも女性が自分から誘ったことがないという人も大勢います。たしかに日本人女性特有の大和撫子精神、奥ゆかしさは品があり素敵ですが、男性はギャップに弱い生き物です。普段控えめでもセックスの時だけ大胆に、または恥じらいやプライドは捨てて思い切って自分から行為を誘ってみる勇気も必要です。

 

男女の関係を越えて仲良くなりすぎる


親しき中にも礼儀あり、というように長く付き合っているからといって相手に対して家族同然で接することは、相手を男性扱いしていないのと同じことになります。それでいて男性に対して女性扱いしてほしい、と求めるのは難しい話。
最低限の身嗜みやもちろんのこと、彼の前で平気で化粧をする、裸になる、おならをするといった恥じらいのない行動は夜の生活にも支障をきたしてしまいます。
仲が良く気を許せる関係も素敵ですが、あくまでも男女の関係を崩さないように意識しましょう。

 

セックスを楽しむ努力をしよう


いかがでしたか?あくまでもセックスとは、お互いが求め合って楽しみたいもの。そのためにはセックスそのものが男性にも、女性にも負担にならないようにする努力は必要です。下着を替えるよりも、誘い方を変えてみる。仲の良さに甘えたり、義務的に行為を要求するのではなく、意中の彼を落とすような気持ちで楽しみながら誘惑できるといいですね。

ライタープロフィール
安本丹
安本丹
『不倫の何がいけないの?』著者。
こちらが、本の紹介、公式URLになります。
https://life.gentosha-go.com/ud/books/5f485eec77656158f0000000
妻になっても、母になっても、一人の女性として、いつまでも恋の花を咲かせていたい。
恋愛に悩む全ての人へ、少しでも前向きになれるようなメッセージをお届けできたらと思います。

週間ランキング

集計期間:09月30日~10月07日

恋愛PRESSライター一覧