恋心が冷める時期が必ず来る…その後も愛され続けるために必要な事

恋心が冷める時期が必ず来る…その後も愛され続けるために必要な事

category love

 

「恋心は約3年で冷める」そんな言葉を聞いたことはありませんか?

 

いくら中の良い恋人同士でも迎える倦怠期と呼ばれる時期がちょうど3年目頃に訪れると言いますから、いつの頃からかそう呼ばれるようになったのかもしれません。

 

しかし、この3年目の恋が冷めるという説は人間の本能的な部分から考えると「確かにそうかも!」と思わず納得してしまいます。

 

恋人同士にとって大切な3年目の時期をどう乗り越えればいいのでしょうか?

 

恋心が冷める時期は人間の本能と関連している?

 

人間が恋をする目的は子孫繁栄です。

 

恋をして結婚して、子供を産み育てる…そういった自然の流れの中で3年目というのがキーポイントになります。

 

恋人同士が出会った時、脳内にドーパミンという物質が出て理性が効かなくなるのをご存知ですか?

 

このドーパミンという脳内物質を恋愛ホルモンなどと呼ぶこともありますが、その物質が分泌されている間は、目の前の恋人の良い部分だけしか見えないようになっているのです。

 

二人の間にちょっとした問題が起こっても、特に気にならなかったり、気になったとしても「好き」という気持ちが優先されるようになっています。

 

ところが、この脳内物質の分泌が止まってしまうのが約3年目と言われています。

 

恋愛が始まって3年目に倦怠感を迎え、お互いの嫌な部分が見えてきてしまうというわけ。

 

自然の摂理では出会って3年間のラブラブな時期に子供を産むようになっているのですね。

 

恋する男女が冷めてしまう瞬間

カップル達の心が冷めてしまう原因は様々ですが、そろそろお互いの本性が見えて来る3年目を迎えた頃、どんなことをきっかけに恋心が冷めていってしまうのでしょうか?

 

相手の見たくない一面を見てしまった時

 

今までは気づかなかった相手の一面を見てしまった時、一気に気持ちが冷める経験はありませんか?

 

例えば、店員さんに対して失礼な態度で接したり、ゴミを道端に平気で捨てたり…今までは気にならなかった小さな事が気になり始めると、一気に気持ちが冷める事があります。

 

自分勝手で相手の気持ちを考えない

 

今までは買い物に付き合ってくれたのに、全く付き合ってくれなくなった。

 

歩くペースを合わせてくれなくなって、自分だけさっさと先に歩いて行ってしまう。

 

今までは我慢してあなたに合わせてくれていたかもしれない事を、相手が自分優先にして来るようになると好きな気持ちもだんだん冷めていくものです。

相手への配慮がなくなった時

 

お互いに慣れて来ると「力を抜いて自然体で付き合えるから楽」中にはそのようなカップルもいるのですが、お互いに最低限のマナーは守っていきたいものです。

 

女性の場合は特に髪型やファッションに全く気を使わなくなったり、相手に対して遠慮なくなって来ると急に心が冷める事も。

 

3年目以降でも愛されるために必要なこと

3年目の倦怠期を迎えたカップルが、今まで気にならなかった相手の嫌な部分が気になり出した時、恋心が冷める瞬間がやってきます。

 

それを乗り越えて幸せに付き合っているカップルは、デートをマンネリ化させないように気を使ったり、感謝の気持ちやお礼は口に出していうなど、それぞれに工夫しています。

 

長く幸せに付き合うために特に大切なことは女性が男性に愛され続ける事。

 

いつまでも大切にしたいと思われる女性になるように、彼好みの女性になれるように磨きをかけるようにしましょう。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:08月02日~08月09日

恋愛PRESSライター一覧