愛したい恋愛体質 その2

愛したい恋愛体質 その2

こんにちは!神実です。

今回は、愛したい恋愛体質男性編です。

最近は、草食系男子も増えており、愛されたい男性もいるようですが、まだまだ、愛したい恋愛体質の男性が多いようです。

愛の告白は、男性からすることが多いですし、女性もそれを求めている。
需要と供給のバランスですね。

もし、男性が愛されたい恋愛体質ならば、愛の告白をするのは、かなり難しいことでしょう。
この場合は、女性から愛の告白というパターンもあるかもしれませんね。

子供の頃から、“男は一家の大黒柱になる”という教育を受けていることが多い為、愛したい恋愛体質が強くなるのでしょう。
でも、最近は、この教育が徐々にされなくなってきているから、草食系男子が増えてきているのかもしれません。



 

《男性編》

1.愛することが男らしさ


男性は、どこか男らしくありたいと“男らしさ”を追求する傾向があります。
それは、腕力だったり、筋肉美だったりと見た目からも表現できますが、真の男らしさとは、全力で女性を愛し、その女性を守り続けることだと考えている男性も多いのではないでしょうか?

女性側も“愛されたい恋愛体質”の女性には嬉しいことでしょうし、男性にとっては、さらに喜びが大きくなることでしょう。



2.男性の本能に潜むハンター精神

 

ルーツが狩猟民族である男性は、獲物を狙う本能が残っています。
その本能は、片思いしている女性に振り向いてもらうまで諦めません。
どれだけ愛しているのか想いのたけを伝え続けます。

最初は、迷惑に感じていた女性も、愛されたい恋愛体質である場合は、こんなに自分を愛してくれていることに幸せを感じるようになり、その男性を受け入れる結果になります。

これが、女性は男性を、最初は好きじゃなかったけど、徐々に好きになっていく、男性のハンター精神が発揮される恋愛パターンです。

でも、いつも上手くいくとは限りません。
いき過ぎるとストーカーになってしまいますので、適当なところで引く勇気も持ってくださいね。

 



3.求めに応じたい男性的な尽くし方

 

人に尽くすことは喜びを感じる行為です。
でも、人への尽くし方は、男女で異なります。恋愛において、女性に喜んで欲しいと男性が願う時、愛されたい女性の求めに応じ、男性的な尽くし方が愛したい恋愛体質となっているのかもしれません。

このタイプは、もしかしたら愛されたい恋愛体質の男性が頑張って愛したい恋愛体質を演じていることもあるかもしれませんね。

そうだとしたら、かなり無理をしていることになります。女性の皆さまは、男性に愛されることを当たり前だと思わないで、男性が無理していないか?観察する必要があるかもしれません。


いかがでしたか?

男女は、磁石のように惹かれ合う。
そして、愛されたい恋愛体質と愛したい恋愛体質が惹かれ合う。
だからこそ、男性は、愛したい恋愛体質の傾向が強く、女性が愛されたい恋愛体質の傾向が強くなる。

でも、反対の組み合わせがあっても良いのです。
お互いが納得していれば。
周りの価値観は関係ありません。

どうぞ、バランスよく“愛したい・愛されたい”恋愛体質を上手く取り入れ、お互いの存在を大事にして、素敵な関係を築いてください。

神実でした。

ライタープロフィール
神実
神実
恋愛・結婚を通してふたりで生きる意味。この世でふたりが出会った意味・使命がわかるヒントを、また、パートナーに出会えていない方には、パートナー探しのお手伝いになるヒントをお伝えしたいと思っています。

週間ランキング

集計期間:09月21日~09月28日

恋愛PRESSライター一覧