理想のパートナーを引き寄せるコツ(後編)

前編では、恋活・婚活の特徴やプロフィールの重要性について書きました。
前編をまだお読みだない方は、先に読んで頂くことをお勧めします。

後編では、婚活プロフィールで理想の相手を引き寄せる3つのポイントとして、写真・自己紹介文・趣味について詳しくお伝えします。


“より魅力的なあなた”の魅力が、ちゃんと伝わるプロフィールにするポイントはこの3つです。

①写真 ②紹介文 ③趣味

 


1.写真で伝える魅力


一番イメージが伝わってしまうのが、写真です。
文字より写真の方が伝わる情報が多いからです。

だから、ちゃんとプロフィール用の写真を撮りましょう。
既にある写真を使うより、“あなたのイメージ”に合った写真を撮ることをお勧めします

写真で第一印象が決まると言っても過言ではありません。
だから、どのような写真にするかで、人気に差が出ますし引き寄せる層も変わってきます。

顔に大差がなくても、なぜか人気に差がついたり、引き寄せる層が違ったりするのでしょうか?

それは、選ぶ写真の差です。

誰しも自分を少しでもよく魅せたいと思います。
その心情はわかります。
では、“自分をよく魅せる”ってどういうことでしょうか?

あなたが選んだ写真は、あなたの魅力が溢れていますか?

実は、ご自分の魅力を一番わかっていないのは、ご自身です。
これは、ほぼ全員に当てはまります。

あなたの周りの友人や肉親にお尋ねしてみてください。
「私の魅力って何?」と。
その答えは、あなたがご自身で魅力と思っていることと同じですか?

そして、あなたの未来のパートナーもあなたの周りの方と同じようにあなたの魅力を捉える可能性が高いことを承知の上で写真を選ぶ方が良いのです。
だから、周りの方が良いと思う写真を選ぶとあなたのイメージに合った写真になります。

また、あなたの魅力を良く理解している、お友達や肉親に撮ってもらう写真が一番あなたの魅力が収められた写真となるでしょう。

これがご自身で選ぶと、おすましした写真を選びます。
少しでもきれいに見える写真、美人に写っている写真を選びます。
シワやシミがない方がきれいで美人と無表情の写真を選びます。

能面のような表情で果たして、あなたの魅力が伝わるでしょうか?

あなたが“いい顔”だと思って選んだ、能面のようなすまし顔の写真をお相手が見たら、“恐そう”とか“きつそう”、あるいは、“暗そう”と思われたりします。

そうです。あなたが選んだ写真は、あなたの魅力が表現されていない写真なのです。
これが、写真で人気に差がつく、引き寄せる層が違ってくる原因です。

あなたが、誰かの写真を見た時、

“いい顔している”と思うのは、どんな写真ですか?

楽しそうに笑っている写真ではありませんか?



その笑顔の写真にしわやシミがあったとしても、それすら魅力に映ると思います。
そういう写真が人気のある写真なのです。




2.内面の魅力を伝える紹介文


紹介文は、自由記述欄です。

アプリ婚活や結婚相談所の場合、正真正銘ファーストコンタクトがプロフィールなので、
自由記述欄の内容次第で、お相手とのご縁が生まれるか否かが決まることもあります。

自由記述欄で、男性の一番目を引くのが紹介文。
プロフィールの中でも写真の次に大きな役割を持っています。

紹介文は、自分の内面や考え・価値観などを知ってもらう為に書きます。

それだけに、あなたの魅力がちゃんと伝わるように書く必要があります。
伝わるように書けるかどうかは文章力の問題ですが、パートナーに語るような文章にすると親しみを持ってもらいやすいです。


また文章は、知性が醸し出されるので話し言葉を使っても、ため口は避けて品格のある言葉で語りかけことも忘れないでください。


そして紹介文に書くべきことは2つあります。
・自己紹介
・パートナーに望むこと


・自己紹介


自己紹介に書くのは、あなたの性格など内面のことや、どんな考えで何を感じながら生活をしていているのかを知ってもらう項目になります。

華美になり過ぎず、地味になり過ぎず、等身大のあなたを表現します。
等身大のあなたが魅力的なのです。

まず書き始めは、読んでくださる方へのご挨拶から。

次にご自身の性格。性格は、ご自身が思うことより周りから言われていることを書きます。「私は、友達から“明るい”とよく言われます。」など、第三者からの評価とわかるように付け加えておくと良いでしょう。

そして、何が好きか?何が楽しみか?なども重要です。
例えば、「私はケーキが好きでお給料日には、一か月頑張った自分へのご褒美にたくさんケーキを買って帰り、お腹がいっぱいになるまでケーキを食べます。この時間が至福の時です。」みたいに。



わかっていても、つい、よく魅せたい気持ちが先走ると、上の例でも「私はケーキが好きでお給料日には、一か月頑張った自分へのご褒美に○○(有名店)でケーキセット頂いてから帰ります。この時間が至福の時です。」

でも、これは間違いです。
“華美や派手”なことであなたを飾っても、お相手にあなたが魅力的に伝わるわけではありません。

華美や派手”と“魅力”は違います

“華美な体験”がないから自分は魅力的ではないと思わないことです。

「私はケーキが好きでお給料日には、一か月頑張った自分へのご褒美にたくさんケーキを買って帰り、お腹がいっぱいになるまでケーキを食べます。この時間が至福の時です。」

例文のように、等身大の体験を書くことで、読んでくれているお相手がプロフィール写真のあなたが、たくさんのケーキを食べている場面を想像できることで、親しみを感じより魅力が伝わります。

 


・パートナーに望むこと


パートナーに望むことには、お付き合いしていると仮定してパートナーに向けたメッセージを書きます。

まずは、ふたりでしたいことや、行きたい場所、夢や希望を書きます。

どうしてそうしたいか?そう思うのか?などの理由も書きます。

実現したら「○○な感じで楽しいと思います。」など感想も添えて。

次に、日常生活でパートナーにしてあげられること。

例えば、女性なら「笑顔で”おかえりなさい”とお迎えします」とか。

男性なら、「買い物の荷物持ちは、任せてください。」など。

等身大のパートナーにしてあげられることを書きます。

このパートナーに望むことを読んだお相手は、あなたとの結婚生活を想像し、その妄想の中でワクワクします。

あなたと初めて直接会った時にはもう、〝初めて会った気がしない”と思えるくらい、あなたに親近感を持ってくれます。

さらに、実物のあなたを“プロフィール以上に素敵な女性”だと思うことでしょう。

 

3.会話のきっかけになる趣味

 

趣味がプロフィールの中で、何故3番目に重要かといいますと、知り合ったばかりで何を話したら良いのかわからない時に趣味が話題作りに一役になってくれるます。
また、同じ趣味を持っていると親近感が生まれ、早く仲良くなれます。

これは、ライバルに差をつけることもできます。

特にモテる男性にアプローチする場合は、必須です。

詳しくなくていいんです。
上手くなくてもいいんです。

男性が好む趣味を持つことが重要なのです。

もし、そういう趣味をもっていないのであれば、今から持ちましょう。
それくらい価値のあることです。

「始めたばかりなので、手ほどきをお願いしてもいいですか?」レベルでも時間を共有できます。
だから、気に入った男性がしている趣味を始めても良いでしょう。

出会ってから、「以前から興味があったのですが、まだ、始められていないので、教えてください。」というパターンもありです。

男性と仲良くなるツールとして、男性が好む趣味を持つこと。
趣味なくして男性と仲良くなれないと肝に銘じてください。

いかがでしたか?
プロフィールを変えて、プロフィールを変えるだけで婚活に大きな差が出ることを是非、実感してみてください。

神実でした。

ライタープロフィール
神実
神実
恋愛・結婚を通してふたりで生きる意味。この世でふたりが出会った意味・使命がわかるヒントを、また、パートナーに出会えていない方には、パートナー探しのお手伝いになるヒントをお伝えしたいと思っています。

週間ランキング

集計期間:11月27日~12月04日

恋愛PRESSライター一覧