異性のハートを鷲掴み!さりげなすぎるモテテク3選

異性のハートを鷲掴み!さりげなすぎるモテテク3選

気になる異性との初めてのデート。なんとかその場を盛り上げたい。気の利いたセリフで、相手から好印象を持たれたい!と思っていても、いざとなると緊張のあまりどうしてもぎこちなくなってしまうことってありますよね。
また、職場の気になるあの人に、自然にアピールしたい!プライベートでも仲良くなりたい けどどうしたらいいのか分からない、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、誰でも出来る超簡単でさりげないモテテクニックを一挙ご紹介。
立場やシチュエーションに関係なく使えて、またわざとらしさやあざとさもないのに、いつのまにか距離がぐっと縮まっているかもしれません。

 

テクニック①何かにつけて名前を呼ぶ

例えば混雑した病院なのに、自分の名前を呼ばれた時だけ反応出来たりしませんか?
これはカクテルパーティー効果と呼ばれるもので、人は自分が興味のある人の会話、自分の名前などに過敏に反応してしまうのです。
大勢でいるときに名前を呼ぶのが普通でも、二人きりの時は無意識に主語を省いて話していたりしますが
「ねぇ、これどう思う?」と聞くよりも「〇〇くんは、どう思う?」と一言、相手の名前を付け加えるだけで、親近感がアップ。

相手はあなたの声や言葉に、より耳を傾けやすくなります。つまりあなたに興味を持つようになるということ。簡単なようでこれ以上のアピールはないですよね。

 

テクニック②ミラーリング

人は誰しも共感、同調されたいと思っている生き物です。ミラーリングとはその名の通り、鏡のように相手の動き、仕草をマネする行為。
人は、自分と同じ仕草や行動をする相手に対して、無意識のうちに好感を持つものなのです。
つまり、相手の何気ない仕草を、さりげなくマネするだけで、相手は自分に対して好印象を抱きます。
ここで注意したいのが、ミラーリングはあくまでもさりげなく行うこと。
あまり露骨に相手のマネばかりしてしまうと、不快感や嫌悪感を与えてしまうかもしれません。
自然に相手に悟られない範囲で、相手の動きに同調していれば、相手はあなたといるのが心地いいと感じるようになるのです。

 

テクニック③謙遜よりも感謝

異性からの何気ない褒め言葉に、過剰に反応したり、謙遜や否定をしてしまってはいませんか?
相手にしてみればせっかく褒めたのに、「またまたぁ〜」と照れて誤魔化したり「そんなに褒めても何も出ませんよ」と斜に構えた態度をとっていては、あまり気持ちよくありません。
相手からの褒め言葉が本心であれどお世辞であれど一言、ありがとう、と受け止めるほうが、素直で好感が持たれます。
仮にそれがお世辞であっても、相手からは少し天然なのかな?と思われるだけ。
むしろ女性の天然さは、男性にとっては男心をくすぐる武器のひとつになるでしょう。

 

簡単なモテテクを駆使して心を掴もう

いかがでしたか?いいところを見せようと強く意識すればするほど、どこかわざとらしくなってしまったり上手くはいかないもの。
異性へのアピールは、あくまでもさりげなさが大切です。職場でもプライベートでも、ちょっとしたことを意識するだけで、いつのまにかモテモテになっているかもしれませんね。

ライタープロフィール
安本丹
安本丹
『不倫の何がいけないの?』著者。
こちらが、本の紹介、公式URLになります。
https://life.gentosha-go.com/ud/books/5f485eec77656158f0000000
妻になっても、母になっても、一人の女性として、いつまでも恋の花を咲かせていたい。
恋愛に悩む全ての人へ、少しでも前向きになれるようなメッセージをお届けできたらと思います。

週間ランキング

集計期間:11月21日~11月28日

恋愛PRESSライター一覧