ドラマから学ぶ恋愛(前編)

1月から各局で新しくドラマが始まっていますね。
恋愛・婚活がテーマのドラマもラインナップが豊富です。女性の婚活・男性の婚活、別のドラマですが、それぞれの視点で描かれていて、ドラマを観て相手を知る機会になるのでとても良いと思います。

ドラマそのものを楽しみながら自分のことも考える機会になったり、バイブル的な学びができたりします。

例えば、婚活女子がコメディタッチで描かれていて、こんな事は、現実にあり得ないと思えるストーリーの中にも主人公の心の動きの描写は、婚活女性がリアルに思っていることであったり、傷つくのが怖くて行動できなかったりするところなど「そうそう、わかるわかる。」と、思わず共感したくなります。

あなたの恋愛経験で恋愛の全てを学ぶのは困難です。それに友達の恋愛体験を加えてもまだ、足りないでしょう。本命のパートナーと出会った時に恋愛を上手く進められるようにするためにもドラマからも学ぶのは、良いことだと思います。

今回は、ドラマから学ぶためのドラマの観方についてポイントをまとめてみました。








1.ドラマを観る視点を変える

 

ドラマを観る時、自分はそのドラマの中にいません。
自分がドラマの中にいないというのは、どういうことかといいますと、映像の中に自分の姿がないということです。

例えば、主人公の友達になった気分でドラマを観ていたら、友達としてその映像の中に自分がいる映像が想像できるでしょう。
でも、多くの場合で第三者的な立場で客観的にドラマを観ます。だから、あなたは、ドラマに登場しないのです。

そこを何かしらの役割でドラマの中にあなたを登場させて観ると今まで気づかなかったことに気付けるようになるでしょう。
それは今までのあなたに欠けている考え方や気持ちである可能性があります。そこを補ってあげることで、あなたの恋愛は、今までと違うパターンで進んでいくことでしょう。





何故かいつも同じパターンで終わってしまう方には特にお勧めです。


2.主人公になりきってみる

 

その手始めにまずは、主人公になりきってみましょう。
ドラマによっては主人公ではない可能性もありますが、ストーリーに重要な恋愛をしている登場人物になりきってみます。ここでは、それを主人公と表現します。


さて、ドラマの主人公はあなたです。時に「私は、こんなこと言わない」とか、「こんなことしない」と思える振る舞いもあるでしょうが、それでも主人公になりきってみてください。

そうすると、ドラマの中で主人公の目に何が映っているのか?何が聞こえているのか?それを見て聞いてどう感じたのか?さらには、そこからどのような思いでその言動をしたのか?見えてくることでしょう。



そして、本当に主人公があなただったら、あなたの目に何が映って・何が聞こえて、それを見てどう感じ、そこからどのような思いでどのような言動をするのか?考えてみてください。

考えたら、あなたと主人公の違いについて考えてみます。こうして比較することであなたの良さを再認識して頂くとともに、補った方が良い部分にも気付くことができます。

この部分であなたの恋愛パターンが生まれている可能性があります。もし、それに気付けたら、それだけでも今後の恋愛が変わってくるでしょう。


3.から5.については後編で書きます。

ライタープロフィール
神実
神実
恋愛・結婚を通してふたりで生きる意味。この世でふたりが出会った意味・使命がわかるヒントを、また、パートナーに出会えていない方には、パートナー探しのお手伝いになるヒントをお伝えしたいと思っています。

週間ランキング

集計期間:06月13日~06月20日

恋愛PRESSライター一覧