【満月のおまじない】11月19日ビーバームーンは特別な夜?恋のおまじないをしよう!

【満月のおまじない】11月19日ビーバームーンは特別な夜?恋のおまじないをしよう!

 

毎年11月の満月はビーバームーンやフロストムーンなどと呼ばれています。日本語では霜の月という意味があります。月の力は女性の身体や精神などに大きく影響を与えるとされています。月の満ち欠けが女性の月経周期と合っていたり、出産もそれに大きく関係しているから昔からそのように言われているのですね。今回のビーバームーンに限らず、満月や新月の日には月の特別なエネルギーを感じざるをえません。それもそのはず、毎月やってくる満月にはネイティブアメリカンが自然にちなんでつけた名前がついているのです。11月のビーバームーンは動物のビーバーと関係があります。冬を間近に控えたビーバーは冬を乗り越えるための巣作りを始める時期。そんな11月のビーバームーンの満月の日にはどんなおまじないをするとよいのでしょうか?今回はそんなビーバームーンの満月にぴったりのおまじないについて解説していきます。因みに、2021年11月の満月は140年ぶりに月食が観られるます。大体18時〜20時の間、帰宅時間を利用して夜空を見上げながらおまじないしましょう。

 

11月の満月ビーバームーンの夜に行うおまじない

 

11月の満月におすすめのおまじないは、恋愛でいうなら特に人間関係やコミュニケーションに関するおまじないがおすすめです。

 

喧嘩した彼と仲直りするおまじない

 

もしも彼とうまくいっていなかったり、喧嘩しているというあなたにとってはチャンスです。11月の満月のパワーを存分に利用してしまいましょう。

 

彼の気持ちがわからなくなっている人にもおすすめ

 

彼とはしっかりコミュにケーションが取れていますか?もしかしたら表面的には楽しく過ごしているけれど、彼が時々何を考えているのかわからなくなる…。そのような気持ちになることはありませんか?11月の満月はコミュニケーション力が高まるのはもちろんですが、協調性を高めるという意味でも願いが叶いやすい日でもあります。彼ともっと心の深い部分で繋がり、安定感や心がしっくりくるような心の状態を保ちたいと思うなら、満月の力を利用しましょう。

 

彼との考え方のズレを調整するおまじない

 

協調性を高める力も期待できる11月の満月。彼と一緒に何かを作り上げていきたいと思っているあなたは月のパワーを使いましょう。例えばおまじないをした後に旅行の計画を一緒に立てたり、二人の将来に向けての計画を立てる場合にも力になります。

 

満月のおまじないのやり方

 

満月のおまじないはとても簡単です。光を浴びながら心の中で願い事を3回唱える、それだけ。ポイントは「〇〇になりますように」ではなく「私は〇〇になりました」という文章に書き換えること。既に願いが叶った状態を言葉で表すことが大切です。例えば彼と喧嘩して気まずい状態なら「彼と仲直りできてとっても幸せです!」こんな感じにポジティブな文章に置き換えましょう。

 

満月のおまじないをする時の注意事項

 

実は満月には浄化するという意味の方が大きいので、特に満月の日には玄関やトイレなどの水回りをしっかり掃除することもポイントです。綺麗にしておくとおまじない効果も格段にアップしますよ。

 

まとめ

 

満月の不思議なパワーを日常生活に取り入れて、幸せを呼び込みましょう。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:11月22日~11月29日

恋愛PRESSライター一覧