恋愛って難しい?片思いや悩みの多い恋愛中のあなたへ

恋愛って難しい?片思いや悩みの多い恋愛中のあなたへ

category 片思い

片思いは自由です。
ただ気を付けたいのは、思い込みや勘違い、妄想が暴走していろいろな期待をしたら大変です。
自ら不安や怒り、寂しさを招く原因を作り出しストレスへと繋がる恐れがあるので注意しましょう。

迷ったり、納得がいかず苦しいまま、無駄にお金や時間を使ってしまったら勿体ないですよね。
自己コントロールができなくなるほど自分を見失ったら危険です。
感情に振り回されて、何をしたいのか解らない…
なんてことになる前に「自己対話」をすることで早い解決に繋がります。

何故自己対話が必要なのでしょうか?
一日のなかでコミュニケーションをとるのは他でもない「自分自身」だからです。
一番大事な自分自身とコミュニケーションができなくなると、人を信用できなくなるので気を付けましょう。

 

 

同じような恋愛パターンは卒業!自分が変われば景色は変わる

気が付けば昔から同じようなパターンで、同じような人を好きになって失敗して、恋に臆病になっている自分はいませんか?
それはとても勿体ないことです。
せっかくのチャンスがきても、過去の記憶が蘇ってきて「でも、でも・・・」と、何も変えようとしないのは損をするばかり。

妥協して納得のいかない恋愛をしないために価値基準をつけましょう。
人は大抵、理想と現実が違うことに困ってしまいがちです。
優先順位が決まることによって安心に繋がり、明日から未来へと自分の行動も変わってきます。

恋愛は長生きの秘訣でもあり、恋愛によって人類は増え、栄えてきたとも言えます。

“人は寂しいから恋をする”
(マックス・リュッシャー 精神療法家)

というのが恋愛感情の前提であり、この孤独感をどう取り扱うかが大切です。

 

 

恋愛で悩まないポイント、それは相手選びじゃなかった?!

「恋」という漢字は下に「心」がついています。
「恋」とはつまり、下心。
自分へのメリットのため、孤独を満たしたい「下心」があるのです。
孤独を満たしたいがために、一緒にいてくれる誰かを探しているだけの傾向が少なからずあります。

その反対に、

「愛」という感じは真ん中に「心」がついています。
「愛」とは、真ん中のこころ、真心。
「愛」とは相手へ惜しみなく愛を捧げるということ、相手のためです。

ただし、自立していないと相手を守るのは難しくなります。
自立とは、経済的、肉体的、精神的にもです。
そして、本当の愛情関係とは、相手がいなくても、一人でも生きていける人同士の間で成り立つもの。
理想の恋愛とはこのようなものではないでしょうか。

しかし、理想を求めて恋愛に希望を持ちすぎるのも危険です。
なぜなら、人には「最大の満足」はないからです。
どうやっても完全に満たされることのない、そういう生き物なのです。
ですから、理想を追えば追うほど足りないものがでてきてしまいます。
理想を追うのもほどほどにすることが大切です。

今の世の中、出会いを求めるのはとても簡単。
ネットで婚活やコミュニティを増やすこともできます。
その反面、人との距離の取り方が解らない人は、かえって他人依存、人間不信を繰り返してしまう恐れもあります。

ネットでの出会いにおける人間関係トラブルの原因として、

  • 経済的、肉体的、精神的な自立ができていない
  • 自分をよく理解していない
  • 相手に理想を押し付ける、求めすぎる
  • 孤独感が強すぎる

ことが挙げられます。

出会いのチャンスを活かし、良好な関係を築くためにも、まずは自分を知ることが大事ですね。

 

 

男という生き物、女という生き物

基本的に女性と男性は全く同じ「人間」という生き物。
「男と女は別の生き物」なんて言いますが、主な違いは性欲の程度の違いです。
“好き”“愛している”という感情に男女差があるわけではなく、恋愛感情や愛情は育った環境によって大きく変化します。

恋愛傾向で言うと、女性は男性よりも欲求が強く、自分の欲求を満たしてくれる男性に恋焦がれるといわれています。
ですので、知的で清潔感や経済力があり、優しさがある男性は「欲求を満たしてくれそうだ」という期待から女性に好まれるのでしょう。
しかし、これは単に女性が欲深いということではありません。
女性が男性よりも欲求が強く、それを満たしてくれる男性を求めるのは「優秀な子孫を残そうとする生物的本能」も大きく影響しているのですから。

そのような本能に駆られてか、時にはステータスや経済力の高い男性に対して一目惚れや尊敬、憧れからくる恋愛もするかも知れません。
そんな男性とお付き合いしたくて背伸びをしてしまうこともあるでしょう。

ですが、自分に合わない靴を履くと痛かったり、靴擦れや怪我をしてしまう恐れも。
理想を求めて無理をするのも悪いことではありませんが、自分にピッタリ合う靴を履くことが楽で安心かもしれませんね。

悩まない恋愛をするコツは、自分を知り、ちゃんと自分の足で立って、相応しいパートナーを得ること。
いつでも冷静に相手や状況を見極めるのは簡単ではありませんけどね。

最後に、古今東西変わらぬ恋愛の本質をひとつ。

「恋は盲目」
(シェイクスピア)

ライタープロフィール
中井 一(なかい はじめ)
中井 一(なかい はじめ)
恋愛、結婚、離婚問題、対人関係など、生きていく上で少しでもお役に立てるような情報をお届けできたら幸いです。

人生においての価値は幸福です。
豊かで充実した自分らしい幸せな人生を生きる事。そのために障害となる悩みや問題を改善、解消し、自分自身を最強のパートナーにしましょう。
自立した人生、恋愛、結婚は素敵です。すべてが100%納得する人生でなくても、そこに肯定的な価値を見いだして、輝ける生き方を共にしていきましょう。
⭐️ 最近の無料相談 ⭐️

週間ランキング

集計期間:12月07日~12月14日

恋愛PRESSライター一覧