どこからが不倫?不倫のボーダーラインを教えて!

どこからが不倫?不倫のボーダーラインを教えて!

 

不倫や浮気のボーダーラインについて悩んではいませんか?どこからが不倫で、どこまでが大丈夫?誰かに相談しても、その答えは様々です。例えば既婚男性とのキス。あなたはそれを不倫だと思いますか?それともそうではないと思いますか?人によっても考え方が様々な不倫のボーダーライン、実は男女でも不倫の線引きが違うようです。例えば、手を繋ぐという行為は女性にとっては不倫ですが、男性にとってはそうではない、など。

今回は一般的に不倫・浮気とされる行為や法律上ではどう捉えられるのかなど、不倫のボーダーラインについて考えてみたいと思います。あなたが今、既婚男性としている行為がもし不倫と捉えられるなら、何かの拍子に法律上の裁きを受けなければならない時がくるかもしれません。

 

法律上で不倫と捉えられる行為とは?

 

法の下において不倫とは、配偶者のある者が、配偶者以外の異性と、自由意志で肉体関係を持つ事とされています。ポイントは『肉体関係』があるかないかです。という事は男女でデートした、手を繋いだ、キスをした…などの行為は不倫とは認められないという事なのです。

よく、芸能人の不倫報道で「ホテルに行ったがなにもしていない」「ホテルで会議をしていた」という言い逃れ策が取られる事がありますが、実はこれに関してはどのようなホテルに入ったか、どのくらい滞在していたかなどが不倫の決め手となるようですが、ラブホテルに滞在したとなると、即座に不倫という事になるようです。

 

一般的に不倫と捉えられる行為とは?

 

法律上では肉体関係が鍵になりますが、一般的にはもっと手前の段階で既に不倫だと思われるようです。そして、実際には法の下において裁かれた結果、肉体関係がなくても損害賠償の対象となったケースもあるようです。

 

既婚男性とキスをする行為

 

法律上では不貞行為と認められないキス。しかし、キスは不倫の始まりと言われるように、もし誰かにキスをしているところを見られたら、それを目撃した殆どの人がその二人は不倫をしていると思うでしょう。キスは恋愛感情がないとできない行為です。もしくは下心を持っているか。相手に対して何の感情もなくキスをする事はありませんよね。

 

二人きりで会うという行為

 

好意を持っていなければ二人きりで会う事もないでしょう。そのような理由から、ただ二人きりで会うという行為も不倫と思われても仕方がないという事。お互いに恋愛感情なく友人同士という関係で、仕事帰りに飲みにいく行為も、不倫と勘違いされても仕方がないという事です。

 

手を繋ぐ行為

 

お互いに恋愛感情がなければ手を繋ぐ行為に至る事はないでしょう。友人男性が女性の方に手を回す事があるかもしれませんが、ノリでするその行為はOKという意見が多いのですが、ノリで手を繋ぐ行為はあまりしません。そのため手を繋ぐのはNGとみなされます。もしも危険な場面に出会した時、何か誘導しなければいけない時に手を繋ぐというのは、きちんとした理由があっての行動なのでOKです。

 

まとめ

 

浮気と不倫とは法律上での定めが別です。浮気とは特定の恋人がいるのに、無断でその異性と交際関係を持つ事を言います。浮気に関しては法律上の定義は曖昧です。そして、夫婦関係が破綻していた既婚者が、既婚者であると知らずに行った行為は浮気の責任はないとされています。不倫や浮気は誰かを傷つける行為にも直結します。できればそのような恋愛関係に巻き込まれたくはありませんよね。しかし、万が一そのような恋愛になってしまったとしたら、法に触れる危険性があるという事は念頭においておきましょう。

ライタープロフィール
トト
トト
私、ライタートト(Thoth)はあらゆる現象をポジティブに捉える事ができる究極の楽観主義者。健康的な肉体と精神を手に入れるため食事と呼吸法にこだわって生きています。

何時も恋をしていたい…。

そう、ワクワクな恋愛も辛く悲しい恋愛も全てあなたの”心”が感じていること。恋愛で悩んでる時って相手の事がわかんなくなっちゃうこともあるけど、感情に振り回されている自分に気づいてください。「あ~私って幸せ」って心から感じられる素敵な恋愛ができるようなヒントをたくさん散りばめてメッセージを送ります。

週間ランキング

集計期間:10月18日~10月25日

恋愛PRESSライター一覧