モテなくて良いんです!恋愛成就の秘訣とは

モテなくて良いんです!恋愛成就の秘訣とは

『異性にモテたい!』それは全人類が心の奥底に秘めたる熱き想いといっても過言ではないのかもしれません。特に恋愛、婚活市場で頑張る女性の皆さんは男性を意識したファッションに身を包み、髪やお肌や爪のお手入れにも力を入れ、お料理の腕を磨いたりと常にモテる努力は惜しまないのではないでしょうか。
しかしあまりに『モテ』を意識しすぎる余り幸せが遠のく例も少なくありません。今回はモテることが本当に恋愛成就に繋がるのか、男性心理とともに紐解いていきたいと思います。

 

幸せになれない高嶺の花子さん①

学校に職場に、必ず一人はいるであろう美人でマドンナ的存在のモテモテ女子。通称『高嶺の花子さん』。そんな彼女が意外と婚活市場で苦戦していることはご存知でしょうか?
圧倒的な美貌を持つ女性はそのルックスゆえ、何もせずとも周りがチヤホヤし、場を盛り上げてくれていたに違いありません。そんな甘々な環境で生きてきた女性は、自分から場を盛り上げようという概念がなく、いざ婚活市場に繰り出すと男性に気を遣わせる存在になるのです。

美人だけど、結婚するにはちょっと…』と、男性には受け身でつまらない印象を持たれてしまうかも。ルックスには自信があるのになぜか恋愛がうまくいかない女性は、今一度自分から会話を盛り上げる努力をしているか、受け身になっていないかを考えてみましょう。

 

幸せになれない高嶺の花子さん②

さて、モテることが必ずしも幸せの近道ではないことが分かるもう一つの要素があります。
それは実際に『高嶺の花子さん』に寄ってくる男性たちには問題がある場合が多いことです。
まず、ほとんどの男性がモテ女性の前では卑屈で臆病になってしまいます。男性はデリケートで傷つきやすい生き物です。自己防衛の為に
どうせ自分なんて』と最初から向き合う気もなくモテ女性に本気でぶつかることをたじろぐ男性も多いのです。『ワンチャンいけたらいいな』そんな気持ちで寄ってくる男性ばかりで、結果真剣交際に発展しないという傾向にあります。

その一方、モテ女性に平気でアプローチするのがズバリ『勘違いナルシスト男』。彼らは自分の身の程も弁えず、謎の自信でモテ女性に積極的にアプローチ。女性の気持ちに寄り添うこともなく、自分の承認欲求を満たす為だけに美人と付き合うことをステータスと思っている場合も多いのです。
高嶺の花子さん』が歳を取り外見が変わったと思ったら、すぐに若い女性に乗り換えようとするのもこのタイプ。やたら外見を褒める男性には注意が必要ですね。

 

どんな女性が恋愛で幸せになれるの?

ここまでは『高嶺の花子さん』の苦難についてお伝えして参りましたが、それでは一体どんな女性が恋愛で幸せになりやすいのでしょうか。
それは、誰か一人を虜にできる女性です。というのも、男性は実は『自分だけが知っている、彼女の魅力』に大変弱いのです。例えば食事に行くとしたら女性はテレビで紹介された人気店やSNSで話題のお店に行きたがる傾向がありますが、男性は行きつけのお店や、穴場と呼ばれる隠れ家的なお店に行きたがります。

つまり好きな人ができた女性は、モテようと頑張るのではなく、相手の趣味嗜好を徹底的に把握してそれに合わせることが大切になってきます。また現状好きな人がいないという女性も、流行や男ウケに囚われることなく『自分らしく』を貫くことこそが、ありのままの自分を好きになってくれる人を見つけるポイントかもしれません。

 

ナンバーワンよりオンリーワン

いかがでしたか。恋愛で幸せになるためには不特定多数の男性にモテるということは必要ではありません。大切なのはたった一人の素敵な男性に深く愛されるということ。誰かの唯一無二の存在になることで運命の人のハートを射止めて幸せをゲットできるように祈っています。

ライタープロフィール
安本丹
安本丹
『不倫の何がいけないの?』著者。
こちらが、本の紹介、公式URLになります。
https://life.gentosha-go.com/ud/books/5f485eec77656158f0000000
妻になっても、母になっても、一人の女性として、いつまでも恋の花を咲かせていたい。
恋愛に悩む全ての人へ、少しでも前向きになれるようなメッセージをお届けできたらと思います。

週間ランキング

集計期間:04月17日~04月24日

恋愛PRESSライター一覧