付き合ってから後悔しない『非モテ男性』の見分け方!

付き合ってから後悔しない『非モテ男性』の見分け方!

 

女性の恋愛は上書き保存、というように新たな恋愛をすると女性の中では過去の男性たちへの未練はスパッと消えてしまいがちですよね。
それどころか、どうしてあんな男を好きになってしまったのだろう…と悔やむことすらあります。なにせ恋に落ちれば相手の欠点は見えづらくなってしまうもの。
そこで今回は、付き合ってからもずっと魅力的な『モテ男性』と、すぐに幻滅させられる『非モテ男性』との違いを解説していきたいと思います。

そもそも『モテ』の定義とは

モテる、モテない。モテそう、モテなさそう。そんな言葉が当たり前に使われている昨今ですが、モテる男性といえばやはり不特定多数の女性から好意を寄せられるイメージでしょう。
しかし外見や肩書きなどで一時的には魅力を感じさせても、いざ恋愛に発展すると女性を幻滅させる言動をしてしまう非モテ男性はたくさんいます。
本当の『モテ男性』とは付き合った後でもずっと女性を惹きつける、そんな素敵なメンズのことではないでしょうか。

 

気の利いたことを言うのが『モテ』ではない!


その服似合ってるね、痩せた?など、女性が喜びそうなことを言うのが『モテ男性』ではありません。
むしろ、無理して相手を褒めようとする姿勢は女性の目にはわざとらしく映ってしまうもの。
『モテ男性』は、余計なことは言いません!
反対に、言わなくてもいいことをあえて言ってしまうのが『非モテ男性』の特徴。

•ネイルを替えても気が付かないのに、剥がれている時だけ指摘する
•デート中レストランで、つい元カノと来たことかあると言ってしまう
などなど、男性の余計な一言は女性をモヤっとさせますよね。
しかも厄介なことに、この言わなくていいことを言ってしまう男性には悪気はなく、ただ思ったことを口に出してしまっているだけなので、その癖を治すのは至難の業と言えます。

 

親を大切にするのがモテ男性、親の機嫌を取るのが非モテ男性


家族仲が良い男性は優しそうで好感が持てますよね。しかし将来を見据えた恋愛をしたい女性は、自分の彼が親を尊敬し大切にしているモテ男性なのか、親の機嫌を取ってばかりの非モテ男性なのかをきちんと見極めたいところ。
まず、親との信頼関係があり、適度な距離感を保てている男性は、あまり親の話をしません。
親と共依存的な関係にある、または親との関係が上手くいっていない男性ほど、その存在を強く意識している為か、親の話をしてしまう傾向にあります。そういう男性は、親の顔色を窺ったり機嫌を取ることばかり考えてしまい、彼女や奥さんのことはどうしても後回しにしがち。
女性の目にはそういう男性は非モテのマザコン男に見えてしまうものです。

 

自分の武勇伝ばかり語る非モテ男性、聞き上手なモテ男性

自分のことを話したい、知ってもらいたいと思うのは人間に備わる当たり前の感情。しかし、自分の過去の武勇伝を自慢気に語りがちな非モテ男性に対しては、最初こそ素直に素敵だな、面白いと思えても、だんだん嫌気がさしてくること間違いなし。特に武勇伝を語りたがる男性は、何度も同じ話をしがちです。
それに比べてモテ男性は、女性の話を上手く引き出して共感し、盛り上げることのできる聞き上手。もし長く続く恋愛を楽しみたいのなら、
気づいたら自分ばかり話していた、そう思えるような男性とお付き合いすることで、マンネリ化することのない刺激的な会話をいつも楽しむことができるでしょう。

ライタープロフィール
安本丹
安本丹
『不倫の何がいけないの?』著者。
こちらが、本の紹介、公式URLになります。
https://life.gentosha-go.com/ud/books/5f485eec77656158f0000000
妻になっても、母になっても、一人の女性として、いつまでも恋の花を咲かせていたい。
恋愛に悩む全ての人へ、少しでも前向きになれるようなメッセージをお届けできたらと思います。

週間ランキング

集計期間:05月21日~05月28日

恋愛PRESSライター一覧