夏の恋をクリスマスまで続けるには…

夏の恋をクリスマスまで続けるには…

夏は、恋の季節。
ましてやコロナの規制が外れて、久しぶりに夏を楽しみましたか?

この夏、新らたな恋をした人も多いはず。
でも“夏の恋は秋が来ると終わる”っていわれるくらい長続きしない傾向にあります。

1年を通しても夏に恋が始まるのが一番多いとか。でも、その半数が秋に終わりを迎えている。
秋に終わらせないためにその原因と対策を考えてみました。


他にも色々理由があると思いますが、主”1.”、”2.”この2つが理由でしょう。
あとの理由は、これに紐づいたものと考えられます。





1.非日常の場面で始まることが多い

 

お祭りや花火、旅行などイベントが多い夏。夏というだけで気持ちが高揚します。
今までの自分の周りにはいないタイプの人との出会いも多く、とても刺激的です。
そういう場での出会いは、恋愛に発展しやすいですよね。

学校や職場のような日常での感情は、淡々としていることが多いのに対して、非日常的なシーンでは“ウキウキ”している分、感性が敏感になっています。その敏感な感性にひっかかって魅力を感じるので、いつもならスルーする程度の魅力でも、とても魅力的に感じます。

水着やテニスウエアなど○○ウエアを着ていると、普段より2割増しで良く見えるというあれです。
正に夏の恋は、そういう要素が強いのです。


だから、夏が終わり気持ちの高揚が落ち着いてくると、“あれ?”と冷静になってみたら“それほど魅力的じゃないかも”と急激に恋が冷めて終わってしまう。





2.深い関係になるまでの時間が短い

 

気持ちが高揚しているところから始まる夏の恋は、進展するスピードもいつもより早いことが多いです。
“ひと夏の恋”という言葉があるように、夏の空に上がる花火のようにパッと咲いてパッと散る。

お互い性格や考え方を理解してから深い関係になるのは、その人と“特別な関係”になりたいという気持ちをお互いに確認し合って、将来の話などもできた上で合意なので良いのですが、出会って間もないまだ、お互いがわかっていない時に勢いで深い関係になるのは、将来の話などもして本当にお互いの気持ちを確認し合った上での合意なのか?といえば疑問です。

もともと高揚している中での出会いですし、夏という季節柄露出が多く、性的興奮も大きくなりますし、汗もかきやすく他の季節より体臭も強いことが、さらに性的興奮を起こさせます。

だからどうしても他の季節より性的欲求が強くなるので、その時たまたま出会った相手と深い仲になりやすい。特に男性の性的欲求は抑えるのが難しいかもしれません。





3.クリスマスを一緒に過ごすために

 

夏の恋は、こういう理由から秋に終わりを迎えることが多いことを知り、その恋を大事に育てて、素敵なクリスマスを迎えるにはどうしたら良いでしょう。

まずは、お互いを尊重し合うこと。相手の気持ちや考えを確かめながらゆっくり進めることを意識しましょう。お互いに素直な相手の気持ちや考えを言葉でたしかめ合い、相手の気持ちや考えをお互いに尊重し合いながら深めていくことが大事です。

恋人同士になったからといってお互いに相手の“持ちもの”になったわけではありません。気が合うとか似ていると感じても、全てが似ているのではなく、違うところもある。好きなものも一緒のものも、違うものもある。全部一緒でなくて良いし、一緒じゃないから惹かれることを忘れないでください。

恋人だったら、言わなくてもわかって欲しい。自分の思いどおりに動いてほしい。そうならないと、「なんで分かってくれないんだろう?」と、 不快になったり怒りが込みあげてくる。

あるいは、相手にちゃんとしてほしいから、一方的に、自分の気持ちや意見をぶつけてしまう。

このように、自分の気持ちと相手の気持ちが合っていない。何だか自分の気持ちがわかってもらえてないとか、自分ばかりが我慢していると感じたら、どういうところでそう感じているのか?冷静に丁寧に伝えて、お相手がどうしてそういう言動になったのか?を尋ねましょう。決して一方的に責めることはしません。そうすることで信頼関係が深まり、よりよい関係性が築けるのです。

対等な立場で話し合うという気持ちが大事です。





それでも終わる恋もあります。その時は、受け入れましょう。
秋に恋が終わることが駄目でもありません。無理に続ける必要もないです。
例えばDVのようなことがあったりする場合は、命に危険があります。
即、別れた方が良いです。
DVについては「意外と気付いていない恋人間でのDV(デートDV)について」で書きますので、そちらの記事をお読みください。

ライタープロフィール
神実
神実
恋愛・結婚を通してふたりで生きる意味。この世でふたりが出会った意味・使命がわかるヒントを、また、パートナーに出会えていない方には、パートナー探しのお手伝いになるヒントをお伝えしたいと思っています。

週間ランキング

集計期間:02月27日~03月05日

恋愛PRESSライター一覧